Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ツール, 管理 Ikarus

jp.co.nsw.android.passmemo_00

ウェブサイトやネットサービスを利用する際に必要なのがIDやパスワード、みなさんどのように管理していますか?どんどん増えていくパスワードの数、文字数も増え複雑になって暗記するのも限界です。
今回ご紹介する『パスワード管理帳(パスメモ)』は、ウェブサイトのIDやパスワードを一括管理できるアプリです。

アプリの特徴

  • あらゆるサイトのIDやパスワードを登録できる
  • パスワード以外にもURLやメモも入力可能
  • マッシュルーム連携でパスワード入力が楽ちん
  • バックアップもできて機種変更も安心

パスワード管理帳(パスメモ)
価格:無料

長いパスワードでもラクラク管理

jp.co.nsw.android.passmemo_01

まず最初にマスターパスワードを登録します。これは忘れないようにしましょう。
 

jp.co.nsw.android.passmemo_02

こちらがメイン画面です。「+」マークを押して、IDやパスワードを登録していきましょう。
ログインIDやパスワード以外にもURLやメモも登録できますが、全てを入力する必要はありません。タイトルは自分が分かるものであれば、何でも構いません。入力を終えたら、「完了」を押して登録完了です。
 

jp.co.nsw.android.passmemo_03

登録したものは一覧で表示されます。登録順・タイトル・利用頻度・カテゴリによる並べ替えもできます。

それぞれの項目の中で、登録したタイトルやログインIDなどを押す(タップ)と、クリップボードにコピーすることができます。
また、URLに関しては、隣に表示されているブラウザアイコン(地球のマーク)を押すと、そのURLをブラウザで表示させることができます。

なお、この画像では登録したパスワードが表示されたままですが、設定によって非表示(●●●)にすることもできます。

マッシュルーム対応

jp.co.nsw.android.passmemo_08

「マッシュルーム」にも対応していますので、文字入力の際に簡単にIDやパスワードを入力することができます。
マッシュルームは「shimeji」や「POBox」「ATOK for Android」などといった主要な文字変換ソフトで使用可能です。

認証してセキュリティ強化

jp.co.nsw.android.passmemo_05

本アプリ起動時やマッシュルーム連携時にマスターパスワードを入力するかどうか設定が可能です。間違ったマスターパスワードを3回入力するとデータが消去される設定もできます。マスターパスワードは忘れないようにしましょう。

  • マスターパスワード3回入力ミスで全データ消去
  • アプリ起動時認証
  • マッシュルーム連携時認証

マッシュルーム連携時の設定は、毎回認証するか画面OFFまで認証を保持するといった細かい設定も可能です。

データをエクスポートして機種変更でも安心

jp.co.nsw.android.passmemo_06

登録されているパスワードデータは、バックアップ(エクスポート)することができます。データを取り込む(インポート)こともできるので、機種変更の際などにパスワードデータを簡単に移行できます。
 

jp.co.nsw.android.passmemo_07

バックアップデータは/PassMemo/back_filesフォルダに保存されます。データは暗号化されて保存されるため解読は困難です。
 
IDやパスワードの管理に悩ませている方も多いと思います。最近ウェブサービスへの不正ログインのニュースを耳にすることが多く、やはりパスワードの使い回しは危険です。そういった場合は本アプリのようなパスワード管理アプリはとても有用だと思います。
ただし、アプリで管理しているからといって安心してはいけません。バックアップデータをバックアップするくらいのことも必要です。
また、くどいようですが、マスターパスワードは忘れないようにしましょう。



Ikarus

パスワード管理帳(パスメモ)
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 パスワード管理帳(パスメモ)
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 2.0.4
デベロッパー名 NIPPON SYSTEMWARE CO.,LTD.
レビュー日 2013/10/08


関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る