Android(アンドロイド)特集記事

2013/11/8 Android(アンドロイド)特集記事

DG_TOP-thumb-765xauto-2868

リリース1ヶ月で100万DLを達成し、快進撃を続けるガンホーとアクワイアの新作パネルRPG『ディバインゲート』。
スピーディーなパネルバトルや、現代風のスタイリッシュなキャラクターなど、あらゆる面で従来のスマホゲームと一線を画すゲームはいかにして生み出されたのか…?
 
今回は『ディバゲ』の開発ディレクターと、twitterやニコ生での広報活動でプレイヤーにもお馴染みの「四次元広報」ことミスター☆ディバイン氏に対し、直撃取材を敢行!
大ヒット作の裏側に迫りました。


ディバインゲート
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


若きディレクターと四次元広報!?

IMG_5756

右:株式会社アクワイア 開発本部 制作部 企画 『ディバインゲート』ディレクター
高野 康太 氏

左:ガンホー・オンライン・エンターテインメント株式会社 四次元広報
ミスター☆ディバイン 氏

※以下敬称略
 
――本日は宜しくお願いします!
…失礼ですが、高野さんってすごくお若いですよね?
 
【高野】
28歳ですね。
 
――若っ! しかもまるで『ディバゲ』の世界から出てみたいなイケメンぶりです!
 
【ミスター☆ディバイン】
私もこう見えて意外と若いぞ。年齢は非公開だけど、知りたい?
 
――いや年齢どころか、いろいろと不明なので結構です。
 

『ディバゲ』は1年プロジェクト

――ではまず、『ディバゲ』のプロジェクトはいつから始動したんでしょうか?
 

IMG_56831

 
【高野】
昨年の夏くらいですから、1年2ヶ月ほど前ですね。
アクワイアはもともとコンシューマーゲームの開発会社ということで、当時はスマホ開発のノウハウが少なくて苦労しました。
『ロード・トゥ・ドラゴン(以下ロードラ)』もリリース前でしたし。

【ミスター☆ディバイン】
それをサポートする形で、『ディバゲ』は「運営:ガンホー/開発:アクワイア」となっている。
高野以下、コンシューマーゲームで開発実績のあるアクワイアと、エクゼクティブプロデューサーの森下(森下一喜社長)以下、スマホゲームで実績のあるガンホーの共同プロジェクトというわけだな。
 

世界観・キャラに関して

 
――ガンホーさんの『パズドラ』やアクワイアさんの『ロードラ』など、これまでファンタジー的な世界観のゲームが多いように思ったのですが、今回はガラリと変わった現代風の世界観ですね。
 

dg001

 
【高野】
最初にアートワークのコンセプトが「スタイリッシュ」ということになって、今のタッチや塗りのテイストが決まったんです。
そのテイストで西洋ファンタジー的なものも含めて、何点かアートワークを描いてみたんです。
その中で一番マッチしてたのが現代風のアートワークだったので、世界観もそれに合わせた感じになりました。
 
――初期キャラ3人のうち、ユーザーに人気のキャラは誰ですか?

【高野】
最初は唯一の女の子である「ミドリ」が人気だったんですけど、ネット等で「実はアカネが最強らしい」という情報が出まわってからは「アカネ」が人気になりましたね。
クール系イケメンの「アオト」は女性に人気みたいです。
 
――初期キャラ以外でユーザーに人気のキャラは?

BVkiZWxCUAQpQOu BVp9D8NCYAAAWrz

 
【ミスター☆ディバイン】
期間限定イベントの「御伽城(おとぎじょう)」で手に入る「アカズキン」「アリス」といったキャラは人気が高いな。
こういったお伽話や「アーサー王」など過去の偉人を『ディバゲ』風にアレンジしたキャラは今後も続々登場予定だ!
 
――ちなみに、高野ディレクターお気に入りのキャラは?
 
【高野】
やっぱり『ディバゲ』の看板キャラとも言えるメインの6人ですね。
中でも一番最初にデザインができた「アカネ」「アオト」あたりは特に思い入れが強いですね。
 

システムに関して

 
――「パネルRPG」ということで、バトルシステムもかなり独特ですよね。
 

dg_panel

 
【高野】
最初に「パネルをめくってダンジョンを進む」というアイデアがあって、それに合わせてバトルシステムも「めくるバトル」にしようということになりました。
バトルシステムは山札から引いたカードを素早く場に出していくという、トランプの「スピード」をモデルにしています。

――実際プレイしてみると、バトルのみならずあらゆる演出がスピーディで、サクサク進みますよね。
 
【高野】
とにかく「かっこ良く」「スタイリッシュに」というコンセプトを突き詰めて行った結果、演出もそうなっていった、という感じですね。
 
――システムといえば、ユニットを進化させるためにステージをクリアしなければならないという「進化クエスト」も独特ですよね。
 
【高野】
「強くなるために、ただ素材を集めるだけじゃ物足りないよね、やっぱり試練を乗り越えなきゃ!」というコンセプトですね。
コンシューマーゲームをやり込んでいるような方にも、ゲームとしての歯ごたえを感じてもらえればと思います。
 
【ミスター☆ディバイン】
システム面でいうと、『ディバゲ』は助っ人や強化合成など、「フレンド」が重要な局面も多い。
リア友を誘ったりSNSを使ってどんどんフレンドを増やし、みんなでワイワイ楽しんでくれ!
 
――システムに対して、ユーザーの皆さんからの反響はどうですか?
 

IMG_5743

 
【高野】
1年前のプロジェクト始動当初は「スマホゲームとしては難しいかな」という懸念もあったんですが「リリースまでにはユーザーの皆さんも追いついてきているだろう」と予想していました。
実際「難しかった」という声もありますが、「かんたんだった」という声も予想以上に多かったですね。
 
【ミスター☆ディバイン】
我々としては高校生・大学生あたりのプレイヤー層を想定していたんだが、意外に小中学生のプレイヤーも多いようだな。
若者は反射神経もいいからな。私ほどでは無いにしても。
 

開発者による模範プレイ!

 
――ではそんなミスター☆ディバイン! せっかくなので『ディバゲ』の模範プレイを見せていただけますか?
 
【ミスター☆ディバイン】
!? ……イタタ、急に腰痛が……スマン高野、あとは任せた!
 
ディバインゲート 高野ディレクターのプレイ動画|YouTube

 
――さすがはディレクター、華麗な指さばきですね!
 
【ミスター☆ディバイン】
本当は私の方が上手いんだが、今日はお見せできないのが非常に残念だ。ハハハ…
 

ミスター☆ディバインって…

 
――さて、そろそろ突っ込ませてもらいますが「ミスター☆ディバイン」はなんで覆面なんですか?
 

IMG_5708

 
【ミスター☆ディバイン】
よくぞ訊いてくれた!
このマスクは「パネルをめくるのは好きだけど、マスクをめくられるのは嫌い」という私の意思表示の現れである!
レスラーのマスクを作っているところに特注していて、模様も「Divine Gate」と読めるようになっている。
左右で色が違うのはパネルの裏表を表していて、紫の部分は私の凶暴さ、白い部分は私の優しさを体現しているのだ。
 
――なんかバファ◯ンみたいですが、一応細かい設定があったんですね…。
 
【ミスター☆ディバイン】
まぁぶっちゃけて言うと、パズドラの広報「ムラコ」との差別化だな。
あっちが女性らしいセクシー路線で行くなら、こっちは思いっきり男臭くしてやろう、と。
 
――twitterでも毎日情報を発信してますよね。
オクトバの攻略情報を更新した時もすぐツイートして頂いてます。
 

2013-11-05_17h17_43

 
【ミスター☆ディバイン】
具体的な問い合わせや報告は直接問い合わせ窓口でお願いしたいが、感想や意見などは私宛にツイートしてくれてもOKだ。個別に返信はできないが、ちゃんと全部目は通しているぞ!

あと「@divine_gate」が2万フォロワーを達成すると、記念イベント「ミスター☆ディバインダンジョン」も実施予定だ。
敵として登場する私をボコボコにできるチャンス!というだけでなく、ユーザーにとって超有利なイベントになる予定だから、とにかくフォローしてくれ!
いいか、「@divine_gate」だぞ!
目指すはムラコ(66万フォロワー)だ!
 

コラボイベントについて

 
――コラボ第一弾のお相手は、まさかのアドベンチャーゲーム「シュタインズ・ゲート(以下「シュタゲ」)」でしたね。
 

131016_sg

 
【ミスター☆ディバイン】
諸君もお気づきかと思うが、まずは単純に「名前が似てたから」(笑)
あと現代を舞台とした「厨二的」な世界観が近しかったというのもある。
このコラボは好評だったから、もしかしたら再コラボもあるかも…
 
――そして今回、週刊少年マガジンで連載中の漫画「フェアリーテイル」とのコラボも発表されましたね。
フェアリーテイルコラボ!|ディバインゲート
 

BYJsx1KCIAEnL4_

 
【ミスター☆ディバイン】
こちらは世界観もさることながら、炎や氷を操るキャラが登場するから、『ディバゲ』のゲーム性と相性が良かった、というのが大きいな。
『ディバゲ』のターゲット層に人気が高い作品、というのも理由の1つだ。
 
何より「シュタゲ」「フェアリーテイル」共通して言えるのが、「開発・運営にファンが多かった」ということ。
作品愛の強いスタッフがコラボに携わっているから、クオリティも高いものに仕上がっているはずだ!
 

今後の『ディバゲ』について

 
――今後のアップデートやイベントの予定を教えて下さい。
 
【高野】
まず、ユーザーの皆さんから要望の多かったAndroid・iOSの「機種間データ移行」がいよいよ実装となります。
またユーザーから「見づらい」との意見があったUIの改善など、ユーザビリティの向上も実施されます。
そしてユニットの追加です。現在ユニットは約300体いますが、11月だけでさらに50体ほど増える予定です。
 
【ミスター☆ディバイン】
私は四次元広報のほか「四次元営業」として交渉活動も行っている。
「シュタゲ」「フェアリーテイル」に続く大型コラボも決定したから、大いに期待してくれたまえ!
 
――おおっ、コレはますますユーザー熱が加熱しそうですね。
それでは最後に、オクトバ読者に向けて一言お願いします!
 

IMG_5750

 
【高野】
『ディバゲ』はアクワイアのコンシューマーゲーム開発実績を活かして、アクション性・スピード性が高いゲームに仕上がったと思います。
従来のスマホゲームで満足できなかったゲーマーの皆さんにも、ぜひ楽しんでいただきたいですね!
 
【ミスター☆ディバイン】
リリースして1ヶ月経った『ディバゲ』だが、ユーザーの声を元にこれからもっと進化していくゲームだと思っている。
感想や意見は「@divine_gate」まで気軽に送ってくれ。もちろんフォローも忘れずに!
 
――ありがとうございました!

【ミスター☆ディバイン】
……もう覆面とっていいですか?(素に返る)





ディバインゲート
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 ディバインゲート
価格 無料
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 1.0.2.1
デベロッパー名 GungHoOnlineEntertainment
レビュー日 2013/10/30


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る