Android News

Android(アンドロイド)ニュース

米ラスベガスで7日より世界最大級の家電見本市「2014 International CES」(以下、CES)が開催され、その前後の期間も含めて各国のメーカーから様々な新製品・新サービスの発表があった。
今回は主にメーカー別に新発表をまとめてお伝えしたい。



ソニー

octoba-152-xperiaz1c
Xperia Z1 Compact

ソニーは様々な製品・技術・サービスをCESで発表したが、その中でスマートフォンやタブレットに関連する内容をピックアップすると、まずは「Xperia Z1 f」を「Xperia Z1 Compact」の名に変更し、各国で2月以降順次販売開始すること、そして、「Xperia Z1」が若干の仕様変更を施されて米国で通信事業者T-Mobileから発売になることが挙げられる。米T-Mobile向けXperia Z1はオーディオ端子の位置が変わるなど、一部設計に変更がみられる。

次に健康・フィットネス製品としてソニーが開発したリストバンド型のスマートウェア製品が挙げられる。この分野は最近各社が製品化を進めているもので、ソニーからも登場することになった。腕、もしくはそれ以外の場所に装着し、歩数や移動距離といった活動量を記録・管理できる製品で、スマートフォン向けに専用のLifelogアプリも開発されている。面白いのはセンサー等を搭載した本体が「Core」としてリストバンドと分離するため、様々な使用形態をとれることだ。

octoba-152-lifelog-1
リストバンドとCore

音響関係ではソニーはハイレゾ対応を進めているが、ワイヤレススピーカーにもハイレゾ対応モデルを導入する。「SRS-X9」はハイレゾ音源に対応した初のワイヤレススピーカー。ただし、ハイレゾ音源再生はDLNAもしくはUSB接続時しか対応しない。さすがにBluetooth接続時のハイレゾ音源再生には対応していないが、色々と便利な機能も供える。まず、単体で「Music Unlimited」「Pandora」「Spotify」「radiko.jp」などのサービスを利用できる。また、非ハイレゾ音源の圧縮音源データでもアップサンプリング、ビット拡張によって高音質化を図る「DSEE HX」を利用できる。

octoba-152-srsx9
SRS-X9

最後にプレイステーション関係だが、ソニーはクラウド技術を活かしたストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(以下、PS Now)を発表した。このPS Nowは最終的にPS3/PS2/PSのゲームをインターネット回線経由でストリーミングで提供するサービスで、PS3/PS4/PS Vitaのほかスマートフォン、タブレット、テレビ、PCなどの様々な機器で利用できる。まずは今夏より米国でサービス提供が始まる予定で、最初はPS3タイトルの提供から始まり、対応機器はPS4からとなる。

このPS NowはPS3/PS4/PS Vita以外の一般的な機器でもプレイステーションのゲームをパッケージ無しでストリーミングで楽しめることに大きな意義があり、プレイステーションの世界に触れられる機会が大幅に増える。これにより新規ユーザーの開拓が期待できるほか、既存ユーザーにとっても便利な時代が訪れることになる。

octoba-152_parrot
PlayStation Nowのロゴ

ASUS

台湾ASUSTeK Computer Inc.(以下、ASUS)も複数のAndroid搭載製品を発表している。まずは「PadFone mini」。PadFone miniはコアとなるスマートフォンをタブレット型のドッキングステーションにセットすると、タブレットとしても使えるという一台二役、2スタイルで利用できる製品。今回のPadFone miniはスマートフォン側が4インチ、ドッキングステーション側が7インチのディスプレイを搭載する。ASUSの製品は日本でも多くが発売されているので、登場が期待される。

octoba-152_padfonemini
PadFone mini

次に「ZenFone」シリーズだ。ZenFoneシリーズはASUSの新しいスマートフォン・ラインナップで、エントリークラス向け製品となる。ハイエンド端末と比較してスペックが劣る分、低価格で提供される。また、カラーラインナップが豊富な点も特徴。

しかも、ディスプレイサイズを1インチ刻みで3モデル導入する。4インチのZenFone 4、5インチの5、6インチの6だ。また、普通の鉛筆、ペンなどの一般的なペンで入力できる「PenTouch」や手袋でも操作ができる「GloveTouch」機能という魅力的な機能も搭載する。

octoba-152_zenfone4
ZenFone 4

octoba-152_pentouch
PenTouch機能

最後に「Transformer」シリーズだが、WindowsとAndroidを搭載し、わずか4秒程度で切り替えできる「Transformer Book Duet TD300」が発表された。この製品は「TransBook Trio」のユーザーには目新しくないはずだが、ディスプレイ部分とキーボード部分を分離合体できる製品で、ディスプレイ側は単体でタブレットとしても使える。

octoba-152_transbook-1
octoba-152_transbook-2
Transformer Book Duet TD300

LGエレクトロニクス

韓国LGエレクトロニクスも様々な製品を発表しているが、ここではモバイルフォトプリンター「Pocket Photo 2.0」とリストバンド型活動量計「Lifeband Touch」、心拍数を測れる「Heart Rate Earphone」を紹介したい。

Pocket Photo 2.0は初代Pocket Photoの後継機で、3色のカラーバリエーションが用意される小型軽量のプリンター。ZINKフォトペーパーを使って印刷するのでインクカートリッジが不要な点が特徴。また、スマートフォンとはBluetoothを使って接続する。若干サイズが違い、デザインも違うが初代とは大きな違いはないが、今回の製品の方がデザインが万人向けかつ洗練されているため、より魅力的だろう。

octoba-152_pocketphoto2
Pocket Photo 2.0

「Lifeband Touch」は腕に装着するアイテムで、歩数、移動距離、消費カロリー等を記録できる。データ管理はスマートフォン向けアプリでもできるほか、スマートフォンとの連携によって着信があったときに知らせたり、履歴を確認するようなこともできる。「Heart Rate Earphone」はイヤフォン内部に高性能センサーを搭載し、心拍数、最大酸素摂取量などを計測できる機器。もちろん普通に音楽を聴くイヤフォンとしても使える。

octoba-152_lifebandtouch
Lifeband Touch

octoba-152_heartrateearphone
Heart Rate Earphone

Lenovo

中国Lenovoは、Androidを搭載したディスプレイ「ThinkVision 28」を発表した。28インチ・ディスプレイで、PC等のモニターディスプレイに使えるほか、Androidを搭載し、タッチパネルも備えるので、大型のAndroid端末としても利用することができる。

octoba-152_thinkvision28
ThinkVision 28

スマートフォンはLenovo初のLTE対応スマートフォン「Vibe Z」のほか、「S930」「S650」「A859」が発表されている。

Vibe ZはAndroid 4.3、Snapdragon 800、メモリ2GB RAM、ディスプレイは約5.5インチのフルHD-IPS液晶などのハイエンド端末。それ以外の3機種はエントリークラス、ミドルエンド向け端末。

octoba-152-vibez
Vibe Z

ファーウェイ

中国Huawei(ファーウェイ)は6.1インチスマートフォン「Ascend Mate2 4G」などを発表した。Ascend Mate2 4Gは6.1インチのIPS液晶を搭載するスマートフォンで、4,050mAhの大容量バッテリーを搭載し、一般的な使い方で約60時間、音楽再生で約100時間、ウェブサイト閲覧で約12時間持つとされるスタミナが特徴。

また、片手操作がしやすい「One-Hand UI」を搭載することも魅力の一つ。

octoba-152-ascendmate2-4g
Ascend Mate2 4G

Parrot

仏Parrotはスマートフォンで操作できる「MiniDrone」と「Jumping Sumo」を発表した。MiniDroneはクアッドリコプター「AR.Drone」シリーズの小型版といったクアッドリコプターで、カメラ非搭載だが、スマートフォンからBluetooth経由で操作できる。軽量の車輪を付ければ地上移動や壁を上ったりすることもできる。

octoba-152_parrot
左からMiniDrone、Jumping Sumo

一方のJumping Sumoは昆虫タイプもマシンで、転がり走行、ターン、ジャンプが可能で、カメラも搭載している。スマートフォンからWi-Fi経由で操作でき、カメラを通した映像を確認することもできる。

あとがき

今年もCESは盛り沢山でしたね。ドラフト版だったIEEE802.11acが正式版に昇格したニュースもあります。それに伴いバッファロー、NEC、エレコムらは自社のDraft11ac対応のルーター等の製品を11ac正式版に読み替えて使えることも明らかにしています。また、Google、ホンダ、NVIDIAらがAndroidを自動車へ搭載すること目指す団体を発足しています。今年もAndroid界隈は面白い一年になりそうです。

今年も宜しくお願い致します。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る