Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140124_sbm_03

ソフトバンクモバイル株式会社は1月24日、一定の回数までの音声通話とパケット通信が定額となる新しい料金プランを2014年4月21日より提供すると発表しました。
従来のパケット定額サービスに加え、ウィルコムの提供している「だれとでも定額」のように相手先や時間帯を気にすることなく音声通話定額がセットになっています。



サービスの概要

プランは3種類用意されており、プランごとに通話時間・回数、パケット通信量が異なります。通話はソフトバンク・他社携帯電話・固定電話などへの国内音声通話が対象で、設定された通話時間・回数までは月額利用料の料金でかけ放題となります。超過分は従量制となり30円/30秒の通話料がかかります。
 
パケット通信の超過分はそれぞれ通信料がかかりますが、通信料が不要で128kbpsの低速通信ができるオプションサービス(月額300円)も用意されます。

 

  Sパック Mパック Lパック
国内音声通話  3分以内/月50回まで   5分以内/月1,000回まで 
パケット通信 2GBまで 7GBまで 15GBまで
パケット通信超過分通信料 250円/100MB 125円/100MB 100円/100MB
月額利用料 5,980円 6,980円 9,980円

 
月額利用料のほかに専用基本料とS!ベーシックパック月額利用料が別途必要となります。専用基本料は、通常契約で月額1,960円、自動更新の2年契約で月額980円となり、ソフトバンクWi-Fiスポットとテザリングオプションが無料で利用できます。
 
対象機種はSoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTE対応スマートフォンで、今回発表したプランは対象機種購入時のみ申し込みすることが可能です。なお、従来のホワイトプランやパケット定額サービスも引き続き選ぶことができます。
 
2014年4月21日サービス開始予定で、その他の詳細は決まり次第改めて発表される予定です。

関連情報

VoLTE時代の革新的な新定額サービスが登場! | ソフトバンク(プレスリリース)







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る