Android(アンドロイド)特集記事

2014/02/16 スマホのコツ

new-img-800mhz-wha1t

「LTE」という言葉は、もうすっかりスマートフォンユーザーには定着した言葉だと思います。しかし、その「LTE」ってそもそも何だかご存知ですか?
「何か速度が速いやつ」「auとSoftBankはLTEで、docomoはXi」「4G的な何か」などなど、いろいろあると思いますが、今回はそんな身近だけど何だかよく分からない「LTE」について、紹介していこうと思います!



そもそもLTEって?

LTE

LTEとはLong Term Evolutionの略で、その名の通り「長期的な進化」を意味し、第3世代移動通信システム(3G)から第4世代移動通信システム(4G)へのスムーズな移行を目指すものです。つまり、厳密にはLTEは3.9Gとなり、4GにはLTE-Advanced、WiMAX2などがあたります。
「え、他にも4Gあるよ?」と、思われた方もいるかもしれませんが、各キャリアの謳う4G LTEなどはLTE-Advancedではなく、通常のLTEです。国際電気通信連合(ITU)が「3.9G及び3.5Gの呼称に4Gを使っても良い」としたので、「4G LTE」の名称がOKなワケです。

2014-01-20_15h52_12
docomo HPより

更に、docomoではXiという名称でサービスが展開されていますが、こちらも3.9GのLTEサービスにあたります。ちなみに、この規格は当初NTTドコモがSuper 3Gという名称でコンセプトを含めた提唱をしていた事もあり、日本で最初にLTEサービスを開始したのもdocomoです。(2010年12月24日)

LTEの何がいいのさ?

2014-01-20_15h55_55
SoftBank HPより

では、LTEを使用するとユーザーにはどんなメリットがあるのか?最大のメッリトはやはり「通信速度が速い」と、いう事でしょう。
それまでの3G通信が数Mbps程度であったのに対し、LTE(3.9G、4G含む)はベストエフォートで下り最大150Mbpsなんてものもあります。これは一般的な固定回線の通信速度をも凌ぐ速さです。

ただし、この通信速度についても各社でサービス内容が事なります。次に代表的な4社のサービスをまとめてみました。

各社のLTEサービスを比較!

以下が各社のサービス名、最大送受信速度などをまとめたものです。

キャリア ドコモ au ソフトバンク イー・モバイル
サービス名称 docomo LTE Xi(クロッシィ) 4G LTE SoftBank 4G LTE SoftBank 4G EMOBILE LTE EMOBILE 4G
最大受信速度※1 150Mbps 100Mbps 112.5Mbps 110Mbps 75Mbps 110Mbps
最大送信速度※2 50Mbps 15Mbps 50Mbps 10Mbps 25Mbps 10Mbps
テザリング追加料金※3 無料 525円/月 500円/月 無料
通信量制限※4 1GB /直近 3日
7GB/当月
366MB/24時間
端末/プラン毎に異なる


※1、※2 一部対応端末・エリアのみ
※3 キャンペーンなどで異なる場合あり
※4 端末・プランなどで異なる場合あり

と、ズラズラと書き上げてみましたが、いかがでしょう。docomoが一歩抜きん出いている感じですね。…が、最大受信速度が速い=インタネットが速く使える。とは、思わないでください。
実際に出る速度は、対応エリアや使用端末、ユーザー数など様々な条件で変動します。また、快適にインタネットができる条件として「応答速度(ping)」というものもありますが、大変ややこしいので今回は割愛させていただきます。

プラチナバンド?800MHz?

2014-01-20_15h58_34
au HPより

ではでは次にいきましょう。各社のLTEについては先述した通りですが、最近よく耳にするワードが他にもありますよね?そう、「プラチナバンド」や「800MHz」と呼ばれるものです。これも気になっている方は多いのではないでしょうか?
こちらについてはまず、以下の画像をご覧ください。

pb1.1-300x181 pb2.1-300x181
SoftBank HPより

プラチナバンドの「プラチナ」たる所以は、この「繋がりやすさ」にあります。プラチナバンドと呼ばれる800MHz前後の周波数帯域の特性として”建物などの障害物をある程度迂回して伝わる”というものがあり、これが電気通信用途において特に良質、価値の高い帯域=「プラチナバンド」と呼ばれています。
この帯域を利用すれば、今まで繋がらなかった場所もその性質上、繋がるようになるというユーザーにもありがたいものです。

16h03_29
au HPより

ちなみに、ここ最近特にプラチナバンドのCMを見かけますが、au・docomoについてはずっと以前から保有し、3G回線などで使用していました。「プラチナバンド」の名が知れ渡ったのは、2012年3月1日にSoftBankが900MHz帯の割り当てられた頃からですね。
今後は各社とも、プラチナバンドをLTEで利用してサービスの向上を目指すようです。

2014-01-20_16h07_48
docomo HPより

この他に良く目にするものとして「ダブルLTE」というものがありますが、これは簡単に説明するとLTEで利用する帯域の本数です。ちなみに他社は3~4つあるので、トリプルだったりクアッドだったりします。

では、長くなってきたのでこの辺にしておきますが、いかがでしたでしょうか?要は「LTEは速い!LTEと4Gは大体同じ!800MHz=プラチナバンド=繋がりやすい!ダブルLTEは2本!(でも他は3~4本)」という感じのザックリした理解でOKだと思います。人に話す機会もそうそう無いと思いますし(笑)
最近ではLTEで1Gbpsなんて声も聞こえてきますし、今後の進化がますます楽しみになりますね!







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る