【ニュース】2014年の1月の携帯電話出荷台数、フィーチャーフォンがスマートフォンを上回る

 

image1_531fb191750410

JEITA(電子情報技術産業協)とCIAJ(情報通信ネットワーク産業協会)は3月11日、2014年1月移動電話国内出荷実績を発表しました。
この調査によると、2014年1月の総出荷台数は201万5千台、前年同月比108.5%となり、2ヶ月振りにプラスに転じました。

フィーチャーフォンがスマートフォン上回る

image2_531fb192218281

総出荷台数のうち、フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)が54.2%(109万1千台)で、スマートフォンの45.8%(92万4千台)を上回る結果となりました。

ガラケーの出荷台数は5ヶ月連続で前年比を上回っており「スマートフォンの通信費が高く、フィーチャーフォンに戻す」と、いう動きも見られるようです。
尚、本データは国内出荷台数の集計である為、米AppleのiPhoneや韓SAMSUNGのGALAXYなどの海外メーカーの製品は含まれていません。

関連情報

2014年1月移動電話国内出荷実績(JEITA/CIAJ)|JEITA







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hato-sabure
アニメ・音楽・イラスト系の記事を好んで書きます。ポータブルオーディオにハマり中。