【ニュース】ドコモ、MVNO向けパケット接続料を大幅値下げ 前年度比で最大56%減

 

20140325_docomo_00

NTTドコモは3月24日、2013年度の事業者間における携帯電話のパケット接続料の改定を行い、総務大臣へ届け出ました。
これはドコモと契約している仮想移動体通信事業者(MVNO)向けの接続料で、2013年度は前年度比で最大56.6%減の月額約123万円へと半額以下になります。

6年で10分の1以下に

接続料は総務省による「第二種指定電気通信設備制度の運用に関するガイドライン」に準拠し算定されたもので、レイヤ3接続は2012年度の369万1,297円から51.4%減の179万5,815円、レイヤ2接続は同284万6,478円から56.6%減の123万4,911円に値下げされました。

20140325_docomo_01

なお、接続料は2013年4月1日に遡って適用されます。この接続料はドコモとMVNO事業者間のものであり、ユーザーが直接支払うものではありませんが、MVNOの格安SIMサービスが今後値下げにつながる可能性も考えられます。

20140325_docomo_00

パケット接続料は年々引き下げられており、レイヤ2接続については、2008年の1,267万円から10分の1以下にまで下がっています。
ドコモは「今後も接続料の低廉化に努めてまいります」とコメントを発表しています。

関連情報

報道発表資料 : 携帯電話のパケット接続料を改定 | NTTドコモ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!