Googleが新たなセキュリティ対策を発表、インストール後のAndroidアプリに不正がないか継続的に監視

 

20140411_google_00

米Googleは4月11日(現地時間)、Android向けの新たなセキュリティ対策を発表しました。
端末にインストールされたAndroidアプリを不正な機能や挙動がないか継続的に監視し、不正の可能性がある場合はアンインストールするように通知されます。

インストール後もチェック

Androidには、Google Playストア以外からアプリをインストールする際に不正な機能などがないかチェックする「Verify apps」と呼ばれる検知機能があり、年間で計約40億回以上利用されています。
今回導入する機能はこのVerify appsをベースに、アプリインストール後も不正な挙動はないかなどを継続的に監視するものです。

20140411_google_01

不正の可能性があるアプリが検出された場合は、アンインストールするよう通知されます。また、アプリが安全でないと判明してる場合はGoogleによる端末から削除されます。
アプリ確認の際には、ログ情報、アプリに関連するURL、端末の情報(端末ID、OSのバージョン、IPアドレスなど)がGoogleに送信されます。
 
なお、[Google設定] > [アプリを確認する] からチェックを外すことで、アプリの確認機能はいつでもオフに設定することが可能です。Android 4.2以上の端末の場合は[設定] > [セキュリティ] > [アプリを確認する] からアクセスすることもできます。

関連情報

Expanding Google’s security services for Android | Official Android Blog(英文)
不正なアプリから保護する – Google アカウント ヘルプ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!