Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140425_emoji_00

携帯電話・PHS事業者6社が2014年5月以降、事業者間のキャリアメール・SMSでの絵文字を共通化すると発表しました。
Unicodeに対応し、数と種類を共通化することで、送信者が意図しない表示に置き換わることなく、メッセージの送受信ができるようになります。
対応端末は、今後各社より案内される予定です。



主な概要

共通化されるのは、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムの6社です。
 
これまでは他社製携帯電話へ絵文字入りメールを送信すると、受信側では異なる絵文字や文字、「〓」表示に置き換わり、送信者が意図しない絵文字が表示されることがあり、改善の要望が多く寄せられていました。

20140425_emoji_01

そこで、各社のキャリアメール・SMSの文字コードをUnicodeに対応し、数と種類を共通化することで、他の絵文字などに置き換わることなくメッセージを送受信できるようになります。

Unicodeは、世界で使われるすべての文字を共通の文字集合にて利用できるよう定めた文字コードの規格で、日本の携帯電話で使用されている絵文字も文字の一つとしてUnicodeに採用されています。

20140425_emoji_00
共通化後の絵文字デザイン(抜粋)

関連情報

携帯電話・PHS事業者6社によるキャリアメール、SMSサービスの絵文字共通化の取組みについて | ソフトバンク(各社共通リリース)







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る