Android News

Android(アンドロイド)ニュース

one.plus.screen

中国の新興スマートフォンメーカー「OnePlus」は、”2014 FLAGSHIP KILLER”を冠するハイスペックなスマートフォン『OnePlus One』を発表しました。
OnePlus Oneは5.5インチFHDディスプレイ、3GBのRAM、Snapdragon 801、1,300万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS(IMX214)」などを搭載したスマートフォンです。
OSにはカスタムROMで有名なCyanogenModと共同で開発された、Android4.4.X(KitKat)ベースの「CyanogenMod 11S」を採用しています。



高スペック低価格のスマートフォン

08

丸み帯びた本体にはアルミフレームを採用し、重さは162gで同サイズのスマートフォンでは最軽量との事です。
ストレージは16GBと64GBの二種類があり、価格はそれぞれ16GB/299$(約3万円)、64GB/349$(約3万6000円)と、他社製のハイエンドモデルに比べかなりの低価格が設定されています。
カラーはホワイトとブラックの2種。バックカバーは交換可能で、様々な素材・デザインのものが用意されるようです。販売は2014年第二四半期から北米、欧州、香港などで開始される見通しです。

2014-04-25_10h52_05

OnePlusは、中国のスマートフォンメーカー「Oppo」の元幹部Pete Lau氏が起ち上げた新興メーカーで、当初から各メディアで話題になっていました。
今回のOnePlus Oneの発表は、カスタムROMで実績のあるCyanogenModとの共同開発という事で各界から注目を浴びています。

Googleのフラッグシップ「Nexus5」より高機能で安価、しかもCyanogenModとの共同開発。否が応でも期待が高まります…が、またもや日本での販売は告知されていません。非常に残念ですね…。

関連情報

OnePlus One|OnePlus







関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る