Android News

Android(アンドロイド)ニュース

KDDIがau 2014夏モデルを発表した。スマートフォンが計6機種、タブレットが計2機種発表され、5月15日以降順次発売になる。また、ソニーからBluetoothスピーカー2機種が発表になった。LINEは一般クリエイター制作のスタンプを販売開始した。



新製品

octoba-169-au
au夏モデル

(1) au 2014 夏モデル

KDDIは8日、au 2014夏モデルを発表した。今回のモデルの特徴は画面サイズが約5インチ以上と大きいこと、バッテリー容量が大きいことに加えて、2.1GHzと800MHzを同時に利用して通信速度を上げるキャリアアグリゲーションへ対応すること、そしてWiMAX 2+に対応することだ(※一部機種は除く)。

WiMAX 2+は「LTE NET」「LTE NET for DATA」に加入していれば無料で利用できるが、3G/4G LTEと同じく通信量制限はあるので注意したい。あくまでも4G LTEに加えて、もう一つの高速通信サービスとしてWiMAX 2+にも対応したということであり、切替はその時の状況に応じて自動的に行われる。

◆サムスン電子製 GALAXY S5(5月15日発売予定)

octoba-169_s5

GALAXY S5は約5.1インチの有機ELを搭載したスマートフォンで、指紋認証センサー、心拍数センサーを搭載している。指紋認証でロック解除ができるほか、PayPal決済でのログインも指紋認証でできる。心拍数を手軽に測定できることから、健康管理アプリなども便利に使えるはずだ。

4G LTEとWi-Fiを同時利用してダウンロード速度を最大化するハイブリッドダウンロード機能も搭載する。メモリは2GB。また、発売時はWiMAX 2+には非対応で、ソフトウェアアップデートを導入することで対応する。

◆ソニーモバイルコミュニケーションズ製 Xperia ZL2(5月下旬発売予定)

octoba-169_zl2

Xperia ZL2はグローバルモデルのXperia Z2をベースとしたスマートフォン。デザインは独自だがスペック、機能は基本的にXperia Z2を踏襲している。デザインは半透明のバックパネルを一部採用した特殊なもので、Xperiaのロゴが浮かび上がったかのように見える。

約5インチのトリルミナスディスプレイ、Live Color LED採用で赤と緑の色域を上げている。カメラでは4K解像度での撮影が可能となり、オーディオはハイレゾ音源のUSB出力、デジタルノイズキャンセリング、フロントステレオスピーカー、バーチャルサラウンドS-Forceに対応などの進化を見せた。メモリが3GBと大きな点も魅力。

◆シャープ製 AQUOS SERIE(6月下旬発売予定)

octoba-169_serie

約5.2インチのIGZO液晶を搭載したEDGESTスタイルのスマートフォン。驚異的な狭額縁
は健在。また、IGZO液晶も進化し、より美しい発色となるPureLEDを採用している。端末を手に持つだけで画面をオンにしたりできるグリップマジック機能も拡張され、他にも色々と便利な使い方が可能になった。

また、フルセグではデータ放送にも対応するので、番組中の人気投票などの視聴者参加型企画にも参加できる。

◆京セラ製 URBANO(7月上旬発売予定)

octoba-169_urbano

URBANO新モデルの大きな特徴の一つは、約17分の充電で丸一日使えるようになる超急速充電に対応すること。最大3.1A出力が可能な卓上ホルダが付属する。また、ディスプレイは約5インチのフルHD液晶。

初心者向けホーム、「エントリーホーム」も進化し、「でか文字」「拡大鏡」なども利用可能だ。また、ホーム、戻る、メニューが物理キーで、さらにはマークが光るようになっている。

◆ソニーモバイルコミュニケーションズ製 Xperia Z2 Tablet(7月中旬発売予定)

octoba-169_z2tab

Xperia Z2 Tabletは約10.1インチのトリルミナスディスプレイを搭載するタブレット。約6.4mmと薄く、約439gと軽いボディが大きな魅力。フロントステレオスピーカー、バーチャルサラウンドS-Force、デジタルノイズキャンセリング対応などはXperia ZL2と同じ。着実に進化を果たしたXperiaタブレットとなる。

◆LGエレクトロニクス製 isai FL(7月下旬発売予定)

octoba-169_isaifl

isai FLは約5.5インチ、2,560×1,440ドットのディスプレイを搭載したスマートフォン。デザインは3辺が狭額縁。カメラでは4K解像度の動画を撮影できる。また、オーディオではハイレゾ音源の再生が可能だ。

◆京セラ製 TORQUE(8月上旬発売予定)

octoba-169_torque

TORQUEはタフなスマートフォン。防水、防塵、防湿、耐衝撃、温度耐久、塩水耐久、耐日射、低圧に対応する。そして100dB以上の音量を出せるデュアルスピーカーを搭載するので騒音が大きな場所でもハンズフリー通話ができてしまう。

そして、画面が濡れた状態や手袋をしたままでも操作できる特殊なタッチパネルを搭載する。

◆ASUS製MeMO Pad 8(8月下旬発売予定)

octoba-169_memo

ASUSTeK Computer Inc.の製品がauからリリースされる。MeMO Pad8 は約8インチ、WUXGAのディスプレイを搭載するタブレットで、約305gと軽いボディが魅力。さらに、1画面で2つのアプリを同時に使える(一部アプリ)「デュアル画面モード」を搭載するので、ちょっとしたパソコンライクな使い方も可能だ。

◆HTC Jシリーズ新モデル

KDDIはHTC Jシリーズの新モデルを開発中であることを明らかにした。ただし、詳細は現時点では未発表。

ソニー スピーカー「SRS-X1」と「SRS-X2」

ソニーは6月21日にスピーカー2機種「SRS-X1」と「SRS-X2」を発売する。SRS-X1は防水スピーカーで、約78×78×80.5mmと、ボールサイズで約185gと小型軽量。最大5W出力が可能(バッテリー駆動時は2.5W)。2台を同時接続してステレオで楽しむこともできる。

octoba-169_srs-x1x2

一方、SRS-X2は小型ながら最大20Wの出力が可能なスピーカーで、こちらは防水ではない。バッテリー駆動時は最大10Wだ。また、自動的に最適な設定で再生してくれる「ClearAudio+」にも対応する。

アプリ

LINEスタンプにクリエイターズスタンプが登場

無料通話・無料メールアプリ「LINE」のトーク機能で使うことのできるスタンプ。従来はLINEオリジナルキャラクターものやパートナー企業、コラボレーション・PR企画ものしか配信されていなかったが、新たにクリエイターズスタンプの配信が始まった。これは、一般ユーザー、クリエイター、企業・団体などが自由に制作したスタンプで、現在は「LINE ウェブストア」で販売されている。「LINE ウェブストア」はブラウザからアクセスできる。

今まで以上にバラエティに富んだスタンプが登場しているので、ぜひチェックしてみよう。

octoba-169_linestamp

LINE ウェブストアはこちら


「テラリア」のAndroid版アプリが配信開始

横スクロールのモノづくりアドベンチャーゲーム「テラリア」のAndroid版アプリがスパイク・チュンソフトから配信開始となった。価格は540円。近いうちにiOS版もリリースされる予定で、なんとこれらスマートフォン版テラリアではアドホックのマルチプレイにも対応している。同じWi-Fiに接続したプレイヤーと同じワールドを遊ぶことができる。しかも、AndroidとiPhone間でもそれが可能だ。

octoba-169_terraria
テラリアの画面例

Published by 505 Games(and Spike Chunsoft for Japan region).
(C)2014 Re-Logic. Mobile versions developed by Codeglue. All Rights Reserved.

掘って、作って、戦って、色々な遊び要素を含んだテラリアを低価格で遊べるので、オススメだ。

あとがき

auの夏モデルが発表されました。各モデルとも正常進化を果たしたイメージです。特に今回はキャリアアグリゲーションとWiMAX 2+への対応が大きいですね。4G LTEの下り最大150Mbpsが現実にどれくらいの速度を出すのか注目したいです。

今週はいよいよドコモの発表会です。ドコモがどのようなラインナップを用意してくるのかにも注目です。
GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る