Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140519-ymobile-1

ヤフー株式会社、イー・アクセス株式会社、および株式会社ウィルコムは、2014年3月27日に、ヤフーがソフトバンク株式会社からイー・アクセスの株式を取得することを発表しましたが、本日、ヤフー取締役会において株式の取得を中止することを決議しました。



今後は協業の形で

イー・アクセスおよびウィルコムは、平成26年6月1日を効力発生日として、合併を行う予定であり、ヤフーは当該合併の効力発生等を条件として、当該合併後の存続会社であるイー・アクセスの株式を取得する予定でした。
しかし、ヤフーがイー・アクセスを子会社化して自らインフラを手がけるよりも、ヤフーはサービス、イー・アクセスはインフラというそれぞれの強みを生かした協業の形で事業を進めていくことが望ましいとの結論に至り、今回の中止となりました。

ワイモバイル株式会社とY!mobile

イー・アクセスとウィルコムは2014年6月1日を効力発生日として合併を行う予定であり、それは中止にはなりません。この新会社の社名については、後日、「ワイモバイル株式会社」に変更する予定とのことです。
新会社はヤフーとの密接な連携の下、2014年3月27日の発表時にヤフーが掲げた「ネットの生み出す楽しさ・便利さをみんなの手元に届ける」というコンセプトを引き継いでいきます。

また、ヤフーはヤフーのサービスを組み込んだ商材を新ブランド「Y!mobile」の名称で新会社と共同して展開していきます。少々ややこしいですが、イー・アクセスとウィルコムの合併後の新社名が「ワイモバイル株式会社」であり、ヤフーの新ブランドが「Y!mobile」です。

ヤフーにおいては「Y!mobile」で実施する各種取り組みをソフトバンクモバイル株式会社で展開することも視野に入れてソフトバンクと議論を開始します。

関連情報

ヤフー株式会社によるイー・アクセス株式会社の株式取得の中止と今後の協業について / プレスルーム – ヤフー株式会社
【ニュース】孫会長率いるヤフー、孫社長率いるソフトバンクからイー・アクセスを買収







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る