Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140522_sbm_301z_00

ソフトバンクモバイルは、プリベイド携帯電話サービス「プリモバイル」向けの新機種として、ZTE製「SoftBank 301Z」を2014年6月6日より全国で販売すると発表しました。
重さ約85gのコンパクトボディに1,100mAhバッテリーを搭載、900MHz帯のプラチナバンドにも対応し、日常で使える基本性能を備えています。



製品の主な特徴と仕様

プラチナバンド(900MHz帯)や緊急速報メールに対応し、専用ボタンで簡単に起動できる200万画素カメラのほか、1,100mAhバッテリー搭載で、コンパクトながら日常で使える基本性能を備えています。
  
主な仕様は次の通りです。

  • 通信方式(国内のみ):W-CDMA(2.1GHz/900MHz)
  • サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ:約49×117×13mm/約85g
  • 連続通話時間/待受時間:約330分/約680時間(静止状態)
  • ディスプレイ:約2.4インチQVGA(240×320ドット)TFT液晶
  • カメラ:有効画素数200万画素/CMOS
  • 静止画保存容量:最大約130MB・共有
  • 外部メモリ:microSDHCカード最大32GB(別売)
  • 電池容量:1,100mAh
  • カラー:ブラック、ブルー、ホワイト

 
プリモバイルは音声サービスとメールサービスのみ利用でき、他社向けのSMS送信や海外での利用はできません。

関連情報

手のひらサイズの「プリモバイル」向け新機種「301Z」を6月6日より発売 | ソフトバンク
301Z | プリペイド携帯電話 | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る