その他

news20140523-nhktokyod-TOP

NHKと東京大学は、物体の形状と硬さの両方を非接触で測定し、物体を触った感覚(触感覚)を仮想的に再現できるシステムを共同で開発したことを発表しました。



NHKと東大が共同開発!

東京大学が新たに開発した物体の形状と硬さの両面の分布を測定できる装置と、NHKが開発ひた触・力覚ディスプレーを用いて、形状だけではなく硬さの違いも分かりやすく再現できるシステムを実現。
将来的には、食べ物や生き物などの視覚だけでは伝えられない触感覚を伝達できる情報サービスの実現が期待されます。

伝達システムの仕組み

news20140523-nhktokyod-001

物体の形状と硬さは、3次元座標と各点における硬さデータの対として測定。
触・力覚ディスプレーでは測定データから仮想的な物体モデルを生成し、このモデルと指先との接触状況に応じて必要な力を提示します。

反射型空間映像投影板により空間に投影された映像に触・力覚ディスプレーを介して触ることで、視覚と触覚の両方で仮想的に形状と硬さの分布を体験することができます。

関連情報

物体の硬さの触感覚も伝達できるシステムを開発 〜物体を非接触で測定し、触った感覚を再現〜【報道資料】(PDF)







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る