食材の新鮮度をセンサーで分析して判定するデバイス「PERES」開発!操作は食材に向けてボタンを押すだけ!

 

news20140526-peres-TOP

食物や農業関連の製品を手掛けるリトアニアのスタートアップ企業「ARS Labs」が、食材の新鮮度を判定するデバイス「PERES」を開発しました。
食物が発するガスを嗅ぎ分ける電子嗅覚センサーや、温度・湿度センサーで鮮度を分析し、スマホにまだ食べられるかどうかを表示します。

食材の鮮度を計算!

news20140526-peres-001

PERESの使い方は食材に向けてボタンを押すだけ。腐敗によって生じるアンモニアなどのガス、揮発性有機化合物(VOC)の濃度、温度、水分から新鮮さを計算し、食べても大丈夫かを判定してくれます。
判定結果はBluetooth経由で接続したスマホアプリにて、各測定科目の値とともに確認が可能。豚肉、牛肉、鶏肉、魚が測定でき、野菜などには対応していません。

20140526-peres

Indiegogoでキャンペーン中!

現在Indiegogoのキャンペーンでは89ドルでPERES本体を入手できる代わりに、使用した感想などをフィードバックするベータテスターを募集中。その他通常の出資枠として、PERES本体を120ドルで入手できる早期出資者向け枠や、2台同時購入希望者向けの220ドルの枠などがあります。
市販に向けての準備も進行中のようです。

関連情報

Peres
PERES – Smart way to project you from food poisoning | Indiegogo







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
masashi
三度の飯よりお酒が好き。分かりやすく読みやすい記事作りを目指していきますので、どうぞよろしくお願いします!