Android News

Android(アンドロイド)ニュース

無線LANビジネス推進連絡会は、大規模災害時における公衆無線LANの無料開放及び訪日外国人向け公衆無線LANの環境整備について、その取組みを発表しました。大規模災害時に無料開放される世界初の統一SSIDなどがガイドラインでまとめられています。



大規模災害発生時に無線LANを積極的に活用

東日本大震災では、被災地の復旧支援活動や避難所等において無線LANが有効な通信手段として高く評価されました。このため、今後大規模災害発生時における通信手段の1つとして無線LANの積極的な活用を図っていくことが期待されています。

また、震災時は事業者による独自の取組として、公衆無線LANサービスを自社のユーザに限定することなく無料開放した事例もありました。

これらを受け、連絡会では2013年9月に実施した釜石市、仙台市での実証実験を基に、『大規模災害発生時における公衆無線LANの無料解放に関するガイドライン』を策定しました。

20140527-00000japan
左:無料開放の説明用パネル 右:実証実験で使われた災害用統一SSID「JAPAN」このままだとリストの下方に表示されるので、ガイドラインでは最上段に表示されるよう「00000JAPAN」としている

SSID「00000JAPAN」で公衆無線LANを無料開放

ガイドラインの中では、公衆無線LANを提供する各事業者等が、大規模災害の発生に備えてそれに対応した措置を事前に検討・準備する際の留意事項や、世界初となる災害用統一SSID「00000JAPAN」の制定、無料開放する大規模災害の定義等について記載しています。

今後、2015年3月に仙台市で行われる「国連防災世界会議」でも今回制定した災害用統一SSIDによる無料開放を実施していきます。

被災エリア外でも無料開放すべきか、悪用されないか、またセキュリティの問題は?といった課題もまだ残っているようです。今後の実験を通して、よりよい方法が決まるといいですね。これを使うような大災害が起きなければ、それが一番いいのですが。

関連情報

公衆無線LANの利活用について
『大規模災害発生時における公衆無線LANの無料解放に関するガイドライン』(PDF)







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る