Apple、ヘッドホン・スピーカーや音楽配信を手がける「Beats」を約30億ドルで買収

 

20140529_apple_beats_00

米Appleは5月28日(現地時間)、ヘッドホンやスピーカー、ソフトウェア技術を扱う「Beats Electronics」と音楽配信サービス「Beats Music」を買収することで合意したと発表しました。買収総額は約30億ドルで、日本円で3,000億円以上となります。

買収の概要

20140529_apple_beats_01

買収は規制当局の承認を得て、2014年度第4四半期に完了する見込みです。買収により、Beats設立者のJimmy Iovine(ジミー・アイヴォン)氏とDr. Dre(ドクター・ドレ)氏はAppleへと移籍する予定です。
 
両氏が2008年に設立したBeats Electronicsは、消費者向けヘッドフォンやイヤホン・スピーカーを手がけているほか、特許を取得したソフトウェア技術のBeats Audioや会員制音楽配信サービスBeats Musicも展開しています。

関連情報

Apple – Press Info – Apple to Acquire Beats Music & Beats Electronics(英文)






  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!