MMD研究所調べ 人型ロボット「Pepper」への興味は約半数、求めることは「防犯・警備」「癒し」「話し相手」

 

20140611_mmd_00

MMD研究所が20歳以上の男女442人に、ソフトバンクが発表した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」について調査したところ、69.5%が「知っている」と回答しました。
また、51.8%の人が興味を持っており、ロボットに求めることは「防犯・警備」がトップでした。

半数以上が興味を持つ

Pepperへの興味は、「興味がある」は17.4%、「やや興味がある」が34.4%で、合わせて51.8%の人が興味を持っていることがわかりました。一方、「興味がない」「あまり興味がない」は合わせて36%にのぼります。
(N=442)

求めることは「防犯・警備」がトップ

20140611_mmd_01

Pepperに「興味がある」と回答した人(N=283)を対象に、ロボットに対して求めることを聞いたところ、最も多かった回答は「防犯・警備」で54.1%、次いで「癒し」が49.1%、「話し相手(友達)」が39.2%という結果となりました。
 

20140611_mmd_02

将来、Pepperのようなロボットが日本でどれくらい普及するかとの質問には、「普及すると思う」が5.2%、「まぁまぁ普及すると思う」が20.8%で、合わせて26.0%の人が近い将来日本でロボットが普及すると回答しています。
(N=442)
 
調査は2014年6月6日から7日かけ、20歳以上の男女442人を対象に行われました。

関連情報

人型ロボット『Pepper(ペッパー)』に関する調査
笑顔や喜びを認識!ソフトバンクが“愛を持ったヒト型ロボット”「pepperくん」発表!2015年2月に19.8万円で一般発売 | オクトバ






  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!