Googleが衛星による画像サービスを手がける「Skybox Imaging」を買収、将来的にはネット接続や災害救助も

 

20140611_google_skybox_00

米Googleは6月10日(現地時間)、衛星による画像サービスを提供している「Skybox Imaging」を約5億ドル(約512億円)で買収すると発表しました。
Googleマップの精度向上のほか、衛星によるインターネット接続や災害救助にも役立てるとしています。

衛星で災害救助も

Skybox Imaging社は自ら開発した人工衛星を保有しており、衛星から撮影した高精細な衛星画像・動画の配信やデータ解析をしている企業です。
 
Googleは「Skyboxの衛星によりGoogleマップの画像を最新のものにしてくれるだろう。Skyboxのチームと技術により、将来的にはインターネット接続や災害援助ができるようになることを期待している」と発表し、衛星を活用したインターネット接続や災害救助の支援に取り組むとしています。

関連情報

Google and Skybox Imaging Sign Acquisition Agreement – Investor Relations – Google(英文)
Skybox Imaging – Skybox Imaging + Google(英文)







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!