その他

20140616-AdobeWcup-TOP

Adobeは6月13日、ソーシャルメディア上で2014 FIFA World Cup(以下 W杯)がどの程度言及されているかについて、世界230カ国を対象に調査を実施し、国別では日本が37%とトップとなり、2位の英国(11%)を大きく引き離して、W杯について世界で最も言及している国であることを明らかにしました。



日本が最もW杯に関心が高い

20140616-AdobeWcup-001

この調査は、ソーシャルメディアに対応する分析ソリューションAdobe Socialを使い2013年6月から現在まで、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアのデータを収集、分析したもの。

その結果、国別の言及率では日本が最も高く37%を占め、次いで英国(11%)、ブラジル(9%)、ドイツ(8%)、米国(8%)と続き、上位10カ国のうち4カ国が欧州。
地域別ではアジアパシフィック地域が全体の48%を占めており、アジアパシフィック地域でのW杯への関心の高さが伺えます。

W杯はソチ五輪やスーパーボウルよりSNSで話題

また、現在までに収集されたデータでW杯への言及は6,900万回以上となり、月間の言及数ではスーパーボウル、ソチオリンピックを上回る結果に。
さらにW杯は世界90%の国で言及されており、ソーシャルメディアの中では最も言及されたスポーツイベントであることが分かりました。

関連情報

アドビ、ソーシャルメディアでのワールドカップ言及度調査結果を発表 国別では世界230カ国で日本が37%とトップ | Adobe







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る