Android News

Android(アンドロイド)ニュース

ワンセグ/フルセグチューナーを内蔵したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi SoftBank 304HW」が発表された。書店チェーン「TSUTAYA」や共通ポイントサービス「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)とBookLiveが業務提携することを明らかにした。また、ウィルコムを吸収合併したイー・アクセスが会社名を「ワイモバイル」に変更した。



新製品

Pocket WiFi SoftBank 304HW
ソフトバンクモバイルは7月中旬以降にモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 304HW」を発売する。この304HWは、2.5GHz帯のSoftBank 4G、1.5GHz帯のULTRA SPEED、1.7GHz帯のイー・モバイルに対応するモバイルWi-Fiルーターだが、最大の特長は、ワンセグ/フルセグのチューナーを内蔵し、スマートフォン/タブレット側で専用アプリを使うことで、ワンセグ/フルセグ非対応の端末でも視聴できてしまう、という機能だ。

octoba-177_304hw
Pocket WiFi SoftBank 304HW

例えば、iPhone/iPadでもワンセグ/フルセグを視聴できるので、それらの端末でモバイルWi-Fiルーターを利用している方の場合、304HWに変えるとテレビを視聴できるようになるので便利だろう。

バッテリー容量は2,400mAh、連続通信時間は約9時間、連続待機時間は約700時間、テレビ視聴はフルセグで約9時間、ワンセグで約11時間。本体サイズは約101×59.5×15.9mm、重さは約130g。

LG、コンパクトスマートフォン「G2 mini」

LGエレクトロニクスはコンパクト・スマートフォン「G2 mini」を日本市場で販売することを明らかにした。G2 miniは「G」シリーズ初のコンパクト・スマートフォンで、約4.7インチの液晶ディスプレイを採用している。

octoba-177_lgg2mini1
LG G2 mini

OSはAndroid 4.4、プロセッサはSnapdragon 400クアッドコア1.2GHz、メモリは1GB RAM、8GB ROM、本体サイズ約129.6×66.0×9.8mm、重さ約121g。

G2 miniは少なくとも今秋9月にビッグローブから販売されることが明らかにされている。他にも取扱い先があるかもしれないが、現時点ではそれ以外はわかっていない。

MVNO

ワイヤレスゲートが月額480円の格安サービスを発表

octoba-177_sim

ワイヤレスゲートは1日、NTTドコモ(以下、ドコモ)の回線網を利用した格安通信サービス・SIMカード「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE SIMカード」を9月1日より提供開始すると発表した。予約受付は7月1日より開始している。

このSIMカードではLTE、3Gによるデータ通信が可能で、月額利用料金は最安プランで月額480円。ただし、速度は最大250kbpsに制限される。月額920円のプランでは、月々1GBまでは速度制限なく、下り最大150Mbpsで利用できる。月額2,480円のプランでは月々5GBまで速度制限がない。月額5,490円のプランでは月々10GBまでだ。

速度が250kbpsとはいえ月額480円から利用できるのは大きな魅力で、初期費用はパッケージ代が3,000円。
販売はヨドバシカメラで行われる。

U-mobile、音声通話対応SIM、スマートフォン「Ascend G6」を発売

octoba-177_ascend
Ascend G6

U-NEXTは1日よりドコモの回線網を利用した格安通信サービス「U-mobile」において、音声通話に対応したSIMカードの販売を開始した。加えて、スマートフォン2機種の取扱も開始している。端末はファーウェイ製の「Ascend G6」とfreetel製「priori」で、Ascend G6の方が値段が高い。

まず、音声通話対応SIMの料金プランは「スタンダード」と「ダブルフィックス」で、スタンダードは月額1,980円、ダブルフィックスは1GB以下で月額1,660円、1GB超で月額2,960円だ。スマートフォンをセットで購入する場合、Ascend G6はスタンダードプランで月額3,222円、ダブルフィックスで2,902円から、prioriの場合はスタンダードで2,430円、ダブルフィックスで2,110円からとなる。

サービス

au、アニメ見放題の「アニメパス」
auで新しいサービス、「アニメパス」の提供が始まった。KDDIとKADOKAWAが協力して提供するサービスで、厳選アニメ作品の動画が見放題の上、KADOKAWAのアニメ情報誌「月刊ニュータイプ」とのコラボレーションによって、アニメ情報コンテンツも提供される。

octoba-177_animepass
アニメパスは「弱虫ペダル」とのコラボレーション・キャンペーンも実施中

視聴できるアニメ作品は過去の名作から新作まで約500タイトル。
対象機種はAndroid端末で、Android 4.0以降のauスマートフォン/タブレット。

業界ニュース

CCCとBookLiveが提携
CCCとBookLiveが戦略的パートナーシップに関する業務提携に合意した。書店チェーン「TSUTAYA」、共通ポイント「Tポイント」サービスを提供するCCCと電子書籍ストア「BookLive!」が連携することで、様々な企画が挙っている。

BookLive!で電子書籍を購入することでTポイントが貯まったり、TSUTAYAで書籍購入時にTカードを提示すれば購入後にBookLive!で無料もしくは値引き額で電子書籍版を入手できたり、BookLive!とTSUTAYAで共通本棚を構築できたり、様々な連携企画が提供予定となっている。

ワイモバイル誕生
イー・アクセスは7月1日付けで社名を「ワイモバイル」に変更した。同社は6月1日付けでウィルコムを吸収合併しているので、今後はイー・アクセスが提供してきたイー・モバイルのサービスやウィルコムのサービスはワイモバイルが提供することになる。

また、ワイモバイルは今後、ヤフーと協業し、「Y!mobile」ブランドのサービスも提供する予定。

あとがき

304HWが面白い端末ですね。Android端末の場合は、基本的にワンセグは搭載していますし、最近ではフルセグも搭載しているのでわざわざ304HWでテレビ機能を追加する必要はありませんが、例えばAndroidスマートフォンとiPad/iPad miniを使っている方もいると思いますし、その場合にはiPad/iPad mini側でもテレビが視聴できるようにできるので便利でしょう。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る