Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140722_speedtest_00

スピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーが最新端末で計測したネットワーク速度のデータによると、キャリアアグリゲーションやWiMAX 2+を搭載したau(KDDI)が最も速いことが分かりました。
株式会社イードが発表したデータで、2014年6月に東京都・大阪府を対象に調査したものです。



東京・大阪でauがトップ

20140722_speedtest_02

計測データ数が多い東京都・大阪府・東京23区において、最新端末におけるLTEの平均スループットを比較した結果、ダウンロードの数値でauが最も速いという結果となりました。

20140722_speedtest_03

2014年3月に実施した同様の分析と比較すると、10Mbps以上の数値差があることから、2014年夏モデルより導入されたキャリアアグリゲーション(CA)やWiMAX 2+への対応が効果を示したと考えられます。

23区でも半数以上がau

東京23区の区別の平均スループット比較では、比較可能な21区のうち、ダウンロードでは15区でauがトップとなっています。なかでも、大田区・墨田区・葛飾区では50Mbps以上の平均スピードが出ています。
一方のアップロードは21区中、16区でソフトバンクがトップとなっています。

20140722_speedtest_01
画像クリックで拡大します

KDDIは他社に先がけCAを導入しましたが、NTTドコモ・ソフトバンクモバイルも今後CAを導入する予定で、各社が整備を整えるまでは選考したKDDIのアドバンテージがしばらく続くと分析しています。

なお、調査は2014年6月1日〜6月30日、東京都と大阪府を対象に行われました。調査に使われたデータは2014年に発売された最新のAndroid端末のみで、通信方式ではWiMAX2+、AXGPを含むます。

関連情報

東京・大阪 最新端末によるRBB TODAY SPEED TEST分析レポート 平均ダウンロード速度No.1はキャリアアグリゲーション搭載のau

RBB TODAY SPEED TEST : 本日リリースのスピードテストアプリでLTEとWiMAXを対決させてみた!無料Androidアプリ | オクトバ







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る