その他

20140724-Iemise360-TOP

不動産の広告・宣伝などのサービスを提供している株式会社ユニバーサル広告社は、2014年7月22日(火)より、360°写真などをARコンテンツとして、物件情報を発信できるサービス「いえみせ360°」を提供開始したことを発表しました。

物件広告の紙面に掲載したQRコードをスマホやタブレットの画面に映すだけで、物件のバーチャル内覧ができます。



現地にいるような臨場感が味わえる!

20140724-Iemise360-001

「いえみせ360°」は、1シャッターで360°撮影ができるカメラ( RICHO THETA )で撮影した写真データを、ARを活用して、消費者が自分のスマホやタブレットで手軽に見られるサービスをパッケージ化したもの。

リビングやキッチン、浴室、トイレなど部分的な写真では伝わらない臨場感を、現地に行かなくてもその場にいる感覚で体験することができるのが特徴です。

いえみせ360°-YouTube

不動産会社と消費者の双方にメリットがある!

▼不動産会社のメリット

  • 写真データ等を提供するだけで短期間で制作できる。
  • これまでの概念を覆す低価格で制作・運用できる。
  • 広告紙面にはQRコードを表示するだけで省スペース化できる。
  • チラシやDM、看板などさまざまな媒体で併用できる。など






関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る