Android News

Android(アンドロイド)ニュース

Googleは24日、『Chrome Beta for Android』をバージョン37へアップデートしました。このバージョンではマテリアルデザインを取り入れるなどの変更が行われています。


Chrome Beta
価格:無料

Material Designに対応

『Chrome Beta for Android』はAndroid版Chromeの新しい機能などをβ版として利用できるアプリで、通常の『Chrome』とは別のアプリとしてPlayストアで公開されています。

今回の変更点としては
・Material Design対応
・シンプルなサインイン
・バグフィックス
となっています。

通常の『Chrome』と比べると、デザインの違いもよく分かります。

20140725-chrome-1
左:Chrome Beta 右:Chrome

URL入力部分はアクティブになる時にアニメーションします。また、開いているタブの数が表示されなくなりました。

20140725-chrome-2
左:Chrome Beta 右:Chrome

タブ一覧画面もよりフラットに。
Googleを開いているタブを見ると、フォントも変更されています。

20140725-chrome-3
左:Chrome Beta 右:Chrome

シークレットモードは紺から黒へ。

サインインの簡略化

20140725-chrome-4

Chromeでのサインインは、端末に登録されているGoogleアカウントと連携され、個別にサインインする必要はなくなりました。

デザイン的な部分は、フラットになった印象は受けますが、もともとUIがそれほど目立つものでもないのでそこまで違いは見られません。とはいえURL入力欄をタップした時のアニメーションなどは、これまでのものに比べMaterial Designの動きを感じることができます。

Chrome Betaでの変更点は、今後バージョンアップを重ねた後に通常のChromeにも適用されていくことになります。

関連情報

Chrome Releases: Chrome Beta for Android Update
Google Chrome Blog: Simplified sign-in with Chrome for Android





Chrome Beta
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Chrome Beta
価格 無料
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 Google Inc.
レビュー日 2014/07/25


関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る