Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140730_soumusyo_00

総務省は、世界7都市でのブロードバンド・携帯電話・固定電話の価格差調査(平成25年度)を発表しました。
他の都市と比べ、東京の料金は高いのでしょうか。ドコモが今年6月より開始した新料金プラン「カケ・ホーダイ」での比較も行われています。



スマホ料金の調査

調査は東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市を対象に行われました。対象事業者は各都市で最もシェアの高い事業者で、東京はNTTドコモです。

一般ユーザーを「音声月47分・メール月338通(うち発信159通)・データ月2GB」、ライトユーザーを「音声月47分・メール月338通(うち発信159通)・データ月500MB」という定義で2モデルに分類しています。

20140730_soumusyo_01

スマートフォン一般ユーザーは東京は7,263円で、7都市中4番目に安くなっています。

20140730_soumusyo_02

一方、スマートフォンライトユーザーは東京は7,263円で、7都市中6番目の順位です。
 
一般ユーザー・ライトユーザーともに「タイプXiにねん、 Xiパケ・ホーダイライト(3GB)」で比較されているため、どちらも同じ値段(7,263円)となりました。

ドコモ新料金プランの比較では…

ドコモの新料金プランで比較した場合はどうでしょうか。
一般・ライトユーザーは、「スマホ カケホーダイプラン及びデータシェアパック10(データ利用10GB/月まで)を家族4人で利用した場合(各2.5GB)の一人当たりの料金」で比較しています。

20140730_soumusyo_03

東京の一般ユーザーは6,213円で、7都市中4番目の安さとなっています。

20140730_soumusyo_04

ライトユーザーも料金は同じ6,213円で、7都市中5番目の順位です。
 
これらの値段が高いと思うか安いと思うかは難しいところですが、サービスエリアの広さやサポート体制などといったものも加味する必要がありそうです。ちなみにフィーチャーフォン(音声通話のみ利用)の場合、東京はロンドンについで2番めの安さになっています。
 
なお、総務省は、各国とも割引料金など様々な料金体系が存在し、利用形態により要する料金が異なることなどから、調査結果は指標の一つとして捕えるのが適当としています。
また、総務省が発表した資料では、ブロードバンドサービスや固定電話での各都市の比較もご覧になれます。

関連情報

総務省|電気通信サービスに係る内外価格差調査







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る