ゲリラ豪雨の予報も精度アップ!気象庁が「高解像度降水ナウキャスト」提供開始、スマホからも確認可能

 

20140807_nawcast_00

気象庁は、降水域の分布を高い解像度で解析・予測する「高解像度降水ナウキャスト」の提供を本日2014年8月7日13時より開始しました。
これにより、250m四方の細かさで30分先まで予測が可能となりました。

サービスの主な概要

従来の「降水ナウキャスト」は、降水域の分布を1km四方で予測していましたが、新たに提供を開始した「高解像度降水ナウキャスト」では、5分ごとに30分先まで、250m四方の細かさで予測します。

「高解像度ナウキャスト」は全国20ヶ所の気象ドップラーレーダーを更新整備するとともに、強い降水域のデータの予測技術を開発により実現したもので、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する全国約10,000ヶ所に設置された雨量などの観測データを活用しています。

スマホからも確認できる

スマートフォン用のサイトも用意されているので、外出先でも急な雨を確認することができます。
PC・スマホともこちらのURLよりアクセスできます。
https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

20140807_nawcast_01

静止画のほか、3時間前から1時間後までアニメーションでも雨の強さを確認できます。
縮尺は2kmまで拡大でき、地図上でピンチイン・ピンチアウトすることで拡大・縮小も可能です。

関連情報

気象庁|高解像度降水ナウキャストの提供を開始します
気象庁|高解像度降水ナウキャスト







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!