Android(>アンドロイド)ニュース

2014/09/19 Android(アンドロイド)ニュース

20140919-gdc-1

GoogleはPlayストアの開発者向けページのお知らせにて、9月30日以降開発者の実際の住所を登録するようにし、それをPlayストアのアプリページにて公開することを発表しました。




案内があったのは開発者向けのデベロッパーコンソールのページ内のアナウンスで、以下のように書かれています。

Add a physical contact address Beginning September 30, 2014, you need to add a physical address to your Settings page. After you’ve added an address, it will be available on your app’s detail page to all users on Google Play. If your physical address changes, make sure to update your information on your Settings page.

If you have paid apps or apps with in-app purchases, it’s mandatory to provide a physical address where you can be contacted, as you are the seller of that content, to comply with with consumer protection laws. If you don’t provide a physical address on your account, it may result in your apps being removed from the Play Store.

これによると、9月30日以降、設定ページにて実際の住所を登録する必要があり、それはGoogle Playのアプリ概要のページにて全てのユーザーに公開されます。
また、有料アプリやアプリ内購入のあるアプリを公開している場合は、連絡できる住所を登録するのは消費者保護法のために必須となります。そして住所が提供されないときは、アプリがPlayストアから削除される場合があるとしています。

確かに日本でも有料で何かを販売する際は「特定商取引法に基づく表示」として販売者の住所を表示します。ただ個人開発者の場合は、自分の住所が公開されてしまうとなるとアプリの公開に二の足を踏むということもありそうです。無料アプリなら非表示にできるなどのオプションがあればいいのですが。

関連情報

Google Play Developer Console
Google Play







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る