GoogleとAdobe、Chromebookで動作するストリーミング版「Photoshop」を北米で提供開始

 

20140930_chromebook_ps_00

米GoogleとAdobeは9月29日(現地時間)、Chromebookやブラウザ(Windows版Chrome)からアクセスできるストリーミング版「Photoshop」の提供を開始したと発表しました。
北米でAdobe Creative Cloudを契約している学生・教職員を対象に提供されます。

ストリーミングで動作

これはAdobeの「Project Photoshop Streaming」によるもので、Chromebookにアプリをダウンロード・インストールする形ではなく、ウェブアプリからクラウド上のPhotoshopを起動する形になります。作成したファイルはGoogleドライブに保存されます。

機能は通常のPhotoshopに近いですが、現在はベータ版のためGPU関連(近日対応予定)やスキャナからの入力、印刷など一部機能はサポートされていません。
 
動作環境は、過去2年以内に発売されたChromebookで、インターネット接続は5Mbps以上が必要です。
Windowsの場合、Window 7/8、512MB以上のRAM、350MB以上の空きストレージ、プロセッサはインテルPentium4以降です。

Adobeは、Creative Cloudの他のアプリのストリーミング版もリリースする予定です。

関連情報

Google Chrome Blog: Adobe joins the Chromebook party, starting with Photoshop(英文)
Adobe Education Exchange(英文)






  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!