Android(>アンドロイド)ニュース

2014/10/7 Android(アンドロイド)ニュース

640-11

LGは10月6日、円形ディスプレイを採用したAndroid Wear スマートウォッチ「LG G Watch R」を10月14日に韓国にて販売を開始する事を発表しました。
韓国での販売価格は35万2千ウォン(約3万6千円)で、同じ円形ディスプレイを搭載した「Moto 360」より1万円程度高い価格設定になっています。



日本での発売にも期待!

20140828_g_watch_r_00

「LG G Watch R」は同社第二弾となるスマートウォッチで、ステンレス製の筐体を採用し、革素材のベルトも選択可能な非常にデザイン性の高いスマートウォッチです。
また、薄く軽量なプラスチックOLEDディスプレイを採用し、視野角の広さ・色の鮮やかさ・屋外での高い視認性を実現しています。

円形ディスプレイのスマートウォッチといえば、先に発売された「Moto 360」がありますが、見た目的には「LG G Watch R」の方がより“時計らしい”印象です。日本での発売は公式にはアナウンスされていませんが、高い確率で日本でも販売されるとの情報もあります。続報に期待しましょう。

主な仕様
OS Android Wear(Android 4.3以降のスマートフォンと互換性)
ディスプレイ 1.3インチ、P-OLED 有機EL(320×320)
チップセット Qualcomm Snapdragon 400 1.2GHz
RAM 512MB
ROM 4GB
バッテリー 410mAh
センサー 9軸(ジャイロ/加速度/コンパス)、気圧、心拍
その他 防水防塵(IP67)
カラー ブラック

関連情報

LG G Watch R|LG
円形ディスプレイを搭載したスマートウォッチ「LG G Watch R」発表!まるでアナログ時計のよう|オクトバ







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る