2014/10/17 その他

20141017_facebook_00

Facebookは、新機能「災害時情報センター」を発表しました。災害発生時に、Facebook上でつながっている友人や家族に自分が無事であることを知らせたり、災害の影響を受けた地域にいる人の安否を確認することができます。



サービスの概要と開発の背景

災害発生時に利用できる機能は次の通りです。

  • Facebook上でつながっている友達や家族に自分が無事であることを知らせる
  • 災害の影響を受けた地域にいる人の安否を確認する
  • Facebook上でつながっている友達の無事を報告する



確認できる安否状況やコメントはFacebook上の友達のみに共有されます。本機能は世界のどこからでも利用できます。対応機種はAndroid、iOS、モバイルサイト(フィーチャーフォン)、PCで、利用料は無料です。

20141017_facebook_01

東日本大震災後、安否確認のためにFacebookをはじめとするソーシャルメデイアが活用されました。これを受け、Facebookでは「災害用伝言板」を開発し、日本国内でテスト公開しました。その後発生した自然災害でも利用され、改良を加えて「災害時情報センター」として生まれ変わりました。

災害時情報センターのご案内|vimeo

自然災害発生時には安否確認のため電話が繋がりにくくなりますが、ネットは比較的繋がりやすい場合も多いです。NTTや携帯各社による伝言板サービスのほか、こういったSNSによるサービスを利用するのもひとつの方法ですね。

関連情報

Facebook災害時情報センター
災害時情報センターのご案内 | Facebookニュースルーム







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る