2014/10/27 その他

20141027_wimax_ca_00

UQコミュニケーションズ株式会社は、現在下り最大110Mbpsの通信速度で提供しているWiMAX 2+サービスについて、来春のキャリアアグリゲーションの導入により下り最大220Mbpsへと倍増させることを発表しました。
これに伴いWiMAXサービスは下り最大通信速度が低下することから、WiMAXユーザーが負担なくWiMAX 2+へ移行できる「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」を実施します。



無印WiMAXは最大40Mbpsから最大13.3Mbpsへ

20141027_wimax_ca_01

UQの発表によると、現在WiMAXで使用している周波数帯域30MHzのうち、20MHzをWiMAX 2+へ切り替えます。これを現在WiMAX 2+で使用している20MHzと合わせるキャリアアグリゲーションを導入し、現行速度の2倍となる下り最大220Mbpsの通信速度の提供が可能となります。

キャリアアグリゲーションは来春から実施予定ですが、今後のサービスエリア計画や対応端末については、詳細が決まり次第発表される予定です。なお、現在販売しているWiMAX 2+対応端末は220Mbpsへ対応していません。


20141027_wimax_ca_02

これにより、WiMAXの下り最大40Mbpsエリアは、来春より順次最大13.3Mbpsエリアへと切り替わります。
このため、現在WiMAXを利用しているユーザーは、契約解除料・登録料・端末代金を無料でWiMAX 2+対応ルーターへ交換することができます。その後2年間は、月額3,696年(税別)でWiMAX 2+サービスを月間データ量制限7GB制限なく利用できます。
UQ契約以外のMVNO各社でも同様の施策を実施する予定です。

関連情報

WiMAX 2+におけるキャリアアグリゲーションの導入について | UQ WiMAX
「WiMAX 2+ 史上最大のタダ替え大作戦」の実施について | UQ WiMAX
史上最大のタダ替え大作戦|UQ WiMAX







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る