Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ツール, 有料アプリ

com.cgollner.notifdget-0

アプリからの情報を表示してくれる通知は便利ですが、ステータスバーを降ろさないとその中身をチェックできないのが面倒ですよね。
『NotiWidget – Notifications』は通知された内容をウィジェットとしてホーム画面に表示してくれるアプリです。これがあれば、ホーム画面で通知を確認したり確認した通知を消去することもできます。


NotiWidget - Notifications
価格:135円

通知内容をホーム画面に表示

com.cgollner.notifdget-1

本アプリでは通知領域に表示されたものを、そのままそっくりウィジェットとしてホーム画面に表示します。他のアプリでよくある「通知された内容を記録してそれを表示」というのではなく、現在の通知領域の内容がそのまま反映されます。本アプリで通知を消去すれば通知領域からも消去されます。

配置と設定

com.cgollner.notifdget-2

ウィジェットを配置するときに設定画面が開きます。
ここではウィジェットの見た目や、時計部分をタップした時の起動アプリを選びます。
横にフリックすると、カスタマイズした見た目をプレビューで見ることができます。これを見ながら自分好みの配色にしましょう。

com.cgollner.notifdget-3

最初にウィジェットを設置した時は「no permissions」と表示され、通知は表示されません。この文字の左にあるアイコンをタップして、設定から本アプリの「通知へのアクセス」を許可します。
これにより、本アプリで通知を取得、表示することができるようになります。

com.cgollner.notifdget-4

ウィジェットの大きさは4×2サイズですが、そのままだと縦に狭いので、ホームアプリの機能で大きさを調整しましょう。時計の大きさや背景色も変更できるので、自分好みにカスタマイズしちゃいましょう。

アプリの操作もできる

com.cgollner.notifdget-5

通知領域をそのままウィジェットにしているので、通知に表示される音楽プレイヤーなどもそのまま表示され、操作することができます。トグルスイッチを置くこともできますし、メールの返信も行えます。

ステータスバーを降ろせば同じ内容が表示されるので、ホーム画面でしか見られない本アプリはあまり意味ないと思えるかもしれません。しかしステータスバーを表示しないでいる場合にも便利ですし、ロック画面に置いておけばステータスバーを降ろさずとも内容を確認できます。
使い方次第で、人によっては必須のアプリになるかもしれませんね。





NotiWidget - Notifications
価格:135円

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 NotiWidget - Notifications
価格 135円
対応OS端末により異なります
バージョン 1.0.9
デベロッパー名 Christian Göllner
レビュー日 2014/10/27


関連記事



ツールカテゴリの最新記事

Simeji:Simeji紹介動画を投稿して賞金100万円がもらえる「Simeji案件王キャンペーン」実施を決定!!
Simeji:大人気スマホ恋愛ゲーム『イケメン王子 美女と野獣の最後の恋』との期間限定コラボが決定!
LINEマンガ:人気作品が無料で読めるチャンス!「4週連続!おすすめマンガ特集」を本日10月20日より開始
Simeji:大人気スマートフォン向けRPG初の「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」と公開記念コラボを期間限定で実施!
LINEリサーチ:男性人気アイドルグループは男女全ての年代で「嵐」が1位、次いで「TOKIO」「EXILE」 10代は「BTS(防弾少年団)」や「ヒプノシスマイク」、30代以降はK-POPが人気傾向

有料アプリカテゴリの最新記事

Smart Tools – ツールボックス
測りたいモノを測れ!スマホを定規や分度器に変身させる工具箱アプリ!
新明解国語辞典
紙の辞書の感覚と電子辞書の機能を融合した国語辞典アプリ
本気で英会話!ペラペラ英語
英語を学びたい全ての人へ! 無理なく学べる英語学習アプリ
昭和元年から平成26年までの89年間の日本の歩みを網羅!自分自身の年表も作れる!
思い出ノート
VivaVideo Pro
撮影も編集もこれ1本でOK!夏の思い出は動画で残そう!


タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る