Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2014/11/6 Android(アンドロイド)ニュース

com.google.android.inputmethod.japanese01

Google Japanは11月6日、日本語入力アプリ『Google 日本語入力』のマテリアルデザインへの対応及び各種機能を追加したアップデートの配信を開始したと、Google Japan Blogにて発表しました。
今回のアップデートにより、バージョン番号は2となります。


Google 日本語入力
価格:無料

マテリアルデザインに対応

Screenshot_2014-11-06-14-15-06

アプリのアップデート後、デザインを変更するには『Google 日本語入力』の設定画面の「キーボードテーマの選択」内に「マテリアルデザイン(ライト)」と「マテリアルデザイン(ダーク)」が追加されているので、好きな方を選択してください。

Screenshot_2014-11-06-14-14-42

デザインはこれまでと大きく違い、非常にフラットなものになっています。

より使いやすく改良・機能追加

Screenshot_2014-11-06-14-14-53

QWERTYキーボードでは、これまでも最上段キーを上フリックで数字の入力が可能でしたが、各キーに数字が表記される事で、よりスムーズな入力が可能となりました。

Screenshot_2014-11-06-14-16-23

また、これまでは入力方法を切り替える際、日本語テンキー→QWERTY→数字テンキーと必ず切替えなくてはならず、非常に不便でした。
ですが、今回のアップデートにより数字テンキーは記号などと同列になり、日本語テンキー→QWERTY→日本語テンキーの切り替えが可能になっています。

また、この他にも顔文字の拡充や音声入力のショートカット、Android 5.0(Lollipop)ではハードウェアキーボード用の変換候補ウィンドウなど、様々な改良・機能追加が行われています。
これまで操作性がネックになって敬遠していた方も、もう一度試してみると良いかもしれません。

関連情報

Android 版 Google 日本語入力がマテリアルデザインに対応しました|Google Japan Blog
Android 版 Google 日本語入力をアップデートしました。|Google Developer Japan Blog





Google 日本語入力
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Google 日本語入力
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 Google Inc.
レビュー日


関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る