Moto 360、2014年第3四半期のスマートウォッチ出荷シェアで15%を獲得

 

20140908-moto360-1

Motorolaが2014年第3四半期(7月~9月)のスマートウォッチなどのウェアラブルバンド出荷シェアで15%を占めている事が、米国の調査会社Canalysの調べにより分かりました。
SAMSUNGが52%と過半数を占め1位を獲得しているものの、「Moto 360」を9月に発売したMotorolaのシェア率は驚異的と言えます。

僅か一ヶ月で15%7のシェアを獲得

Canalys press release 20141118 - Moto 360 leads the first wave of Android Wear devices

Canalysの調査によると、第3四半期で約500万本のウェアラブルバンドが出荷されており、前四半期から37%増加しているとの事です。
その中で、15%のシェアを獲得したMotorolaは9月に「Moto 360」を発売しており、早い時期からスマートウォッチ製品を販売していたSAMSUNGのシェア率と比べても、販売から僅か一ヶ月程で驚異的な出荷シェアとなっています。

get
MOTOACTV

また、Motorolaは「MOTOACTV」というスマートウォッチを2011年に発売していますが、発売から数年経っていることもあり、今回の出荷シェアにはほとんど影響していないと思われ、「Moto 360」のみでこれだけのシェアを獲得したことになります。

円形ディスプレイとシンプルなデザインで人気を獲得した「Moto 360」ですが、非常に好調な売れ行きのようです。同じく円形ディスプレイで、デザイン性を高く評価されているLG製のスマートウォッチ「LG G Watch R」も先日発売されました。今後、シェア争いはますます激化しそうですね。

関連情報

Moto 360 leads the first wave of Android Wear devices|Canalys
Moto 360 by Motorola







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hato-sabure
アニメ・音楽・イラスト系の記事を好んで書きます。ポータブルオーディオにハマり中。