その他

20141126_free_wifi_00

東京都交通局と東京メトロは、12月1日より東京都内の地下鉄駅で訪日外国人向け無料Wi-Fiサービスを開始すると発表しました。



143の駅でサービス開始

これは2020年のオリンピック・パラリンピック開催を見据えたもので、NTTBPが提供する認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」を利用します。

一度アプリの利用登録を行えば、都営地下鉄と東京メトロ、既にサービスを提供している都営バスを始め、全国の主要空港・主要駅・観光施設など約9万アクセスポイントでサービスを利用することができます。

20141126_free_wifi_01

googleplayappstore

サービス開始は2014年12月1日(月)始発時からで、利用時間は3時間/回(回数制限なし)です。SSIDは都営地下鉄駅が「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」、東京メトロ駅が「Metro_Free_Wi-Fi」です。

サービスは訪日外国人向けですが、メールアドレス等で初期登録すれば日本人を含め誰でも利用できるようです。対象となる駅は訪日外国人の利用が見込まれる143駅で、以下の関連情報より確認できます(全ての地下鉄駅で利用できるわけではありません)。

関連情報

~東京の移動をもっと安心・快適に~12月1日(月)より東京の地下鉄143駅で訪日外国人向け無料Wi‐Fiサービスを開始! | ニュースリリース | NTTブロードバンド・プラットフォーム
Japan Connected-free Wi-Fi







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る