その他

20141210_yahoo_bigdata_00

ヤフー株式会社は、Yahoo!検索などのデータを利用した「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」において、今シーズンのインフルエンザ感染状況を公開しました。
データによると、東日本で検索数が高く、厚労省が発表した定点患者報告数とも似た傾向となっています。



今年はお正月前後にピーク?

20141210_yahoo_bigdata_02

こちらは直近3年間のインフルエンザ患者報告数の推移グラフです。グラフによると2015年の第1週あたりに定点あたりの患者報告数がピークを迎えるため、お正月前後に最も警戒が必要となりそうです。

厚労省発表の「インフルエンザの流行入り」が昨年よりも3週間早い通り、グラフでも今年のピークが例年よりも早めであることが読み取れます。

20141210_yahoo_bigdata_03

各都道府県におけるインフルエンザ患者数の伸びと多さを表す「各都道府県別のインフルエンザ状況マップ」です。

縦軸は前週と比べて患者数が伸びているか、横軸の検索割合スコアは都道府県における定点患者数が増えているかを表しています。

今回のデータでは岩手県が増加率・検索割合スコアともに多く、最も流行が早い地域と言え、徳島県や宮崎県では上昇率が非常に高いため、急激な蔓延に気をつける必要があるとのことです。

厚労省発表のデータと比較

20141210_yahoo_bigdata_05

「インフルエンザ」の各都道府県別検索分布(左)と、厚労省の定点患者報告数分布の比較です(集計対象:2014年11月24日~11月30日)。

濃い赤の都道府県がインフルエンザへの関心が高い・患者数が多いとみられる地域です。それぞれのデータから、西日本と比べ東日本で高い傾向が見られます。

これから徐々にピークの時期を迎えるため、十分な注意や予防対策が必要です。Yahoo! JAPANビッグデータレポートでは、「某治療薬の検索数から推定されるインフルエンザ患者報告数」なども公開されており、今後も毎週月曜日に更新される予定です。

関連情報

ビッグデータ分析でみるインフルエンザ感染状況:2014-2015 – ビッグデータレポート – ヤフー株式会社
【特集】大流行中!インフルエンザから身を守るために役立ちそうなアプリを集めてみました | オクトバ







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る