その他

20141217_sony_glass_00

ソニーは、メガネやサングラスなどに装着する片眼用ディスプレイモジュールを開発したと発表しました。
0.23型の超小型カラー有機ELディスプレイを搭載、2メートル先の16インチディスプレイによる映像と同等の視野を実現しています。



40gの小型・軽量設計

このディスプレイモジュールには世界最小クラスの0.23型超小型高精細カラー有機ELディスプレイを搭載され、0.23型という超小型でありながら640×400ピクセルの解像度を有しています。

20141217_sony_glass_01

映像を投影する光学ユニットは、晴天下や暗い屋内など、照度環境によらず高画質の映像を投影でき、投影された映像は視野角換算で対角13度、これは2メートル先の16インチディスプレイによる映像と同等の視野になるとのことです。

このほか、スマートフォン相当の処理能力を持つプロセッサーと無線機能・各種センサーを有する制御基板も、既存のアイウェアに装着することを意識して小型化されています。

重さは約40g(ディスプレイ部:約22g、その他:約18g)で、メガネやサングラスに装着しても負担のない重さとなっています。

スポーツや業務での作業支援などを想定

20141217_sony_glass_02
スポーツの活用シーン例(イメージ)

特にスポーツや業務での作業支援などといったシーンでの活用が期待されます。

なお、このモジュールは2015年1月6日(現地時間)から米・ラスベガスで開催される世界最大規模の家電見本市「CES 2015」で初公開される予定で、2015年内に量産開始を目指しているとのことです。

主な仕様
ディスプレイ 超小型高精細カラー有機ELディスプレイ
(対角0.23インチ)
表示仕様 640(H) × 400(V)ピクセル
表示色 RGB 24bit / 色域 sRGB 100%
ディスプレイ輝度 800cd/m2
コントラスト比 10,000:1以上
ディスプレイ応答速度 0.01msec以下
搭載センサー 電子コンパス、加速度センサー、タッチセンサー
プロセッサー ARM® Coretex®-A7プロセッサ
無線 Bluetooth 3.0 + High Speed
IEEE801.11b/g/n
バッテリー容量 400mAh
重量 約40g
(ディスプレイ部:約22g、その他:約18g)

関連情報

Sony Japan | ニュースリリース | 高画質な有機ELを用いた小型・軽量の片眼用ディスプレイモジュールを開発







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る