Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20141226_mvno_ocn_00

NTTコミュニケーションズは、同社が提供するモバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」が、「国内MVNO市場規模の推移(2014年9月末)」(MM総研が調査・発表)の独自サービス型SIMのシェアにおいて1位を獲得したと発表しました。



半年間で30.3%増加

MM総研が調査・発表したレポートによると、2014年9月末時点でのMVNOサービスの総回線数は1,928万回線で、3月末(1,480万回線)からの半年間で30.3%増加しました。

ここには、auで提供されているWiMAX 2+(UQコミュニケーションズ提供)や、ソフトバンクモバイルが提供するAXGP(Wireless City Planning提供)もMVNOとして含まれています。

OCN、IIJなどが市場を牽引

WiMAX 2+やAXGPを含まない「独自サービス型SIM」のMVNO回線契約数は、2014年9月末で230.5万で、3月末(173万)から33.2%増加しています。

事業者別では、「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズが54万回線(シェア23.4%)と、3月末の調査に引き続き1位を獲得しています。

2位は「IIJmio」や「BIC SIM」などを提供するインターネットイニシアティブの34万回線(14.8%)です。

20141226_mvno_ocn_01

3位は日本通信(16万回線、6.9%)、4位はビックローブ(15.5万回線、6.7%)で、3月末の調査同様、上位4社が全体の過半数を占めています。

なお、具体的な数値は発表されていませんが、「U-NEXT(U-mobile)」も回線数を伸ばしているとのことです。

今回のデータは9月末時点のものなので、それ以降に開始された「無制限プラン」などは次回以降のデータに反映されます。
楽天モバイルやDMM.mobile、UQ mobileもサービスを開始するなど、今年に引き続き来年もひとつのトレンドとなりそうです。

さらに詳しいデータについては、MM総研のニュースリリースで確認できます。

関連情報

ニュース 2014年12月25日:「OCN モバイル ONE」が2回連続でシェアNo.1を獲得 | NTT Com
国内MVNO市場規模の推移(2014年9月末) – 株式会社 MM総研







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る