Android(>アンドロイド)ニュース

2015/01/13 Android(アンドロイド)ニュース

米ラスベガスで6日から世界最大の家電展示会「Internationanl CES 2015」が開催されたことで各国の企業から様々な発表が行われたが、その中からいくつかの話題をピックアップしてお伝えしたい。さらに、アプリ/サービスでも注目の話題があった。



新製品

【ソニーがAndroid TV搭載BRAVIAを発売へ】
ソニーのテレビ事業を展開するソニービジュアルプロダクツはCESで今春以降に順次発売するテレビ「BRAVIA」の新ラインナップについて概要を明らかにした。新ラインナップでは、4Kテレビの全モデルとフルHDモデルの一部機種において、プラットフォームに「Android TV」を採用する。

octoba-203_bravia-1
BRAVIA新モデル「X9000C」シリーズ。最薄部が約4.9mm

Android TV採用に伴い、BRAVIAのプラットフォームは刷新されることになり、UIなども従来モデルとは変わる。Android TV採用によって、Google Playも利用可能となり、様々なアプリをテレビで楽しむことが可能になる。

さらに、4Kテレビには新しい4KプロセッサX1を導入し、画質向上も図る。

【ASUS ZenFone 2、ZenFone Zoom】
台湾のASUSTeK Computer Inc.はAndroidスマートフォン「ZenFone」シリーズの最新モデル2機種を発表した。「ZenFone 2」と、カメラ特化モデルの「ZenFone Zoom」だ。

octoba-203_zenfone2
ZenFone 2

ZenFone 2は約5.5インチ・ディスプレイを搭載するモデルで、解像度はフルHDもしくはHDで、解像度やプロセッサ、メモリ容量違いで複数のモデルが用意される。共通仕様はOSがAndroid 5.0、メインカメラが約1,300万画素のセンサー、F値2.0のレンズ、サブカメラが約500万画素、F値2.0の広角85度のレンズを採用することだ。

octoba-203_zenfonezoom
ZenFone Zoom

ZenFone Zoomは、ZenFone 2をベースにメインカメラを強化したモデルで、光学3倍ズームのレンズを採用している。光学手ぶれ補正、レーザーオートフォーカスなども搭載する。

【Android/PCストリーミングゲーム機「Rager Forge TV」】
ゲーム周辺機器メーカーのRazerはAndroidを搭載したゲーム機「Rager Forge TV」を発表した。Android 5.0を搭載した小型のゲーム機で、HDMI 1.4出力、有線LAN、Wi-Fi、Bluetooth、USB 3.0ポートなどを搭載する。

octoba-203_razer-forge-tv
Razer ServalとForge TV

Androidゲームに加え、PCゲームのストリーミングプレイも可能だ。PCゲームのストリーミングの場合は、Razer Forge TVがPCとテレビ間を中継する形で、PCには専用ソフトウェアをインストールする必要がある。

octoba-203_serval
Servalにはスマートフォンをセットするクリップもある

また、Androidスマートフォンやタブレット、PCでも使えるコントローラー、「Razer Serval」の発表された。このコントローラーはRazer Forge TVのほか、スマホやタブレット、PCでも使えるので、Android/PCゲーマーにはよさそうだ。

【東芝、10W級のワイヤレス給電システムを開発】
東芝は「Qi」規格のLP v1.1を使用した10W級のワイヤレス給電システム用のICを開発したと発表した。充電用ICと送電用ICでそれぞれ量産は6月から始まる。

この10W級システムでは、出力電圧が従来の5V/1Aから7V〜12V/1Aに引き上げられているため、より早い時間でバッテリーを充電することが可能になる。将来的にスマートフォン、タブレットなどのモバイル機器での採用が見込まれる。

新アプリ/サービス

【Andridタブレット向けに「Office」アプリのプレビュー版が一般リリース】

octoba-203_word

米MicrosoftはAndroidタブレット向け「Office」アプリのプレビュー版を一般リリースした。リリースされたアプリは「Word」「Excel」「PowerPoint」で、いずれも無料で利用できる。ただし、対象機種はAndroid 4.4以上のOSを搭載し、ディスプレイサイズが7インチから10.1インチのものに限られる。

Microsoft Word Preview

Microsoft Excel Preview

Microsoft PowerPoint Preview

【LINE TAXI】
無料通話・無料メールアプリ「LINE」で新サービス「LINE TAXI」の提供が始まった。このLINE TAXIは、タクシー配車サービスで、LINEアプリからタクシーを呼ぶことができ、降車時の支払いもLINEの決済サービス「LINE Pay」を使って行うことができる。

octoba-203_linetaxi
LINE TAXIの画面イメージ

電話でオペレーターを介して配車を依頼するのと異なり、アプリから依頼するため、地図を見て場所を指定できることが大きな利点で、土地勘のない場所での利用時には特に便利だろう。さらに、決済もLINE Payを利用するので、降車がスムースになる点も魅力。ただし、支払い方法がLINE Payに限られるので、現金で支払いたい方などには合わないサービスになってしまう。

あとがき

CESでは様々な製品が発表されましたが、個人的に注目したのはソニーがブラビアでAndroid TVを採用することです。Googleのテレビ向けプラットフォームと言えば「Google TV」がありましたが、Google TVは広く普及することなくサポート終了となりました。しかし、今回のAndroid TVは広く普及する期待感を抱かせてくれます。4Kテレビの全ラインナップとフルHDラインナップの一部で採用されるため、おそらく日本でも多くの台数が販売されることでしょう。しかも、他のメーカーも準備をしています。実際にどのような製品として登場するのか楽しみですね。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る