Android(>アンドロイド)ニュース

2015/01/27 Android(アンドロイド)ニュース

20150127-xperia-0

ソニーが同社のスマートフォンを今春にもイオンで販売すると産経ニュースが報じています。Sonyの子会社のSo-netのSIMと合わせての販売となるようです。



Xperiaの旧モデルを3万円台で

イオンといえばイオンスマホとして国内の格安スマホ市場を引っ張ってきました。最近では富士通製のスマホをイオンスマホの1つとして販売しています。
ソニーは高級モデルに特化する方針という動きもありましたが、今回の格安スマホではXperiaシリーズの旧モデルを販売するようです。端末価格は最新モデルの半額程度の3万円台を想定しているようで、月額料金は通信費と端末合わせて3千円程度になるとのことです。

格安スマホの市場は、ここ1年ほどで多数の参入があり、競争が激しくなってきています。産経ニュースでは「イオンは、ブランド力の高い「エクスペリア」を先行投入することで、格安スマホ事業者間の競争を優位に進めたい考え」としています。

格安スマホにXperiaというのは、なかなかインパクトがあります。これがソニーやXperiaのブランドにどう影響するのか、そういったものも含めて要注目です。

関連情報

ソニー「エクスペリア」を格安スマホに投入へ イオンから発売 高級モデル路線を変更(1/2ページ) – 産経ニュース







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る