Android(>アンドロイド)ゲーム

2015/01/31 シミュレーション / RPG

comecomecat.planet-TOP 3

女神様が緑豊かな惑星をうっかり砂漠化させてしまった…。
『再生! カラカラ惑星』は、そんな砂漠化してカラカラになってしまった惑星を再生させていく、放置型シミュレーションゲームです。女神のしもべ「ラミィ」と共に土地を緑化させて村や街を再生し、惑星に住民たちを増やしていきましょう!


再生! カラカラ惑星
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


砂漠化した土地を緑化!

comecomecat.planet-001

あたり一面が砂漠になってしまった惑星。土地をタップすれば緑化させることができるのですが、緑化できるエリアは、既に緑化されている土地の1つ隣のブロックのみ。
ブロックを1つ緑化するのにスタミナを1つ消費しますので、地道に緑化をしていく必要があります。

また、緑化をする際は村や街を見つけるために、引かれている道に沿って緑化していくのがオススメです。

comecomecat.planet-002

道の先に、廃墟となってしまった村を発見しました。タップすればスタミナと引き換えに再生させることができます!

comecomecat.planet-003

地道にタップしているのがもどかしく感じたら「女神チャージ」を使ってみましょう。
画面左上に女神様のアイコンが溜まっている状態で土地を長押しすると、その周辺をバーンと一気に緑化!これがなかなか爽快でクセになります(笑)。

特産品を持って来てくれる!

comecomecat.planet-004

村を再生させた後に「おうち」をタップして戻ってみると、村に住み出した住民がその村の特産品を持って来てくれるようになります。
少し目を離すとあっという間にテーブルがいっぱいになってしまうので、惑星を緑化させている最中もちょくちょく回収しましょう。

comecomecat.planet-008

再生させた村の数が増えると、その分持って来てくれる特産品の種類も増加します。
「食物優先」「自然優先」など、どの特産物を優先的に持って来て欲しいか指定することが可能なので、必要に応じて設定してみてください。
また、ラミィパワーが満タンなときに使える「フィーバー」では、住民が押し寄せ、特産品を大量に手に入れることができます!

自分の能力を上げよう!

comecomecat.planet-005

「おうち」画面の左下にあるメニューからは、レベルアップしたときに獲得できる「GP」を消費して、自分自身の能力を解放させることが可能です。
広範囲をまとめて再生できるようになったり、邪魔な岩を砕くことができるようになったりと、緑化を進める上で必要な能力ばかりですので、ぜひ能力解放にも励んでみて下さい。

comecomecat.planet-006

住民が持って来てくれた特産品は「アイテム聖典」で使いましょう。
ここではラミィに特産品をあげることで、スタミナの上限を上げることができます。緑化や村の再生を繰り返していると、デフォルトの上限10だけではどうしても足りなくなってきますので、特産品を回収した後はラミィにあげてスタミナを上げることを忘れずに!

困った住民が居たら手助け!

comecomecat.planet-007

冒頭のスクリーンショットにも既に居ましたが「オタスケ!」という吹き出しを出した住民が現れることがあります。タップして条件を確認し、住民を助けてあげるとレベルアップに必要な経験値を獲得。
住民を助け続けていると村や街のレベルが上がって見た目が変化する他、新たな特産品が登場することもありますので、困っている住民が居たら積極的に助けてあげましょう。

放置系のゲームでありながら完璧に放置する訳ではなく、シミュレーション要素もしっかりあて面白かったです。
緑化を広めて街が増えるたびに、何とも言えない達成感に包まれますので、ぜひ皆さんも味わってみてください!





再生! カラカラ惑星
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 再生! カラカラ惑星
価格 無料
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 1.0.6
デベロッパー名 ASOBOX
レビュー日 2015/01/23


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る