Android News

Android(アンドロイド)ニュース

2015-02-12_10h20_39

auがこれまで行っていた、直近3日間のデータ通信量が1GBを超えた場合に行われる通信速度規制を「直近3日間で3GB」に緩和している事が分かりました。
これは2月1日から行われていたようです。



ドコモに追従?ソフトバンクは?

auはこれまで直近3日間で行ったデータ通信量が1GBを超えた際、翌日まで通信速度を低下させる処置を行ってきましたが、2月1日より「3日間で3GB」に緩和されています。
au公式サイト「LTEフラット」のページ下部には以下のような記述が確認できました。

ネットワーク混雑回避のために、直近3日間 (当日を含みません) に3GB以上のご利用があったお客さまの通信速度を終日制限させていただく場合があります。

au LTEフラット

これはドコモが昨年12月に行った「直近3日間1GB制限の撤廃」に追従するものと思われますが、au・ドコモともにあくまでも「通信速度を制限する場合がある」というもので、3日間の通信量が超えたからといって必ずしも速度が低下するものではありません。

一方、ソフトバンクについては利用するパケット定額プランによって規制が異なり、“直近3日間 (当日は含まない) のパケット通信量が839万パケット(約1Gバイト)以上”と“直近3日間 (当日は含まない) のパケット通信量が1678万パケット(約2Gバイト)以上”の場合があります。
こちらについてもあくまで「制限する場合がある」という表現ですが、ソフトバンクの規制はau・ドコモに比べて厳しい事で知られています。

au・ドコモの規制緩和、撤廃を受けてのソフトバンクの動きにも注目ですね。

関連情報

Xiパケ・ホーダイ フラット ご注意事項|ドコモ
ご利用の際に通信制御することがある内容について|ソフトバンク







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る