Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2015/02/16 Android(アンドロイド)ニュース

20150216.samsung

日本でGalaxyシリーズなどを展開しているサムスンが、日本のスマートフォン市場から撤退する可能性があると韓国経済誌「ビジネスコリア」電子版で報じられています。
サムスンは日本国内で、一時は米Appleに続く17%のシェアを獲得していましたが、現在は4.2%まで下落しています。



日本での業績不振

2015-02-16_11h37_17

韓国経済誌「ビジネスコリア」が業界関係者から得たという話によると、現在サムスンは日本のスマートフォン市場で非常に苦戦しており、「このままビジネスを継続しても利益より損失が上まってしまう」との事です。

2015-02-16_11h33_49

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社の調査では、2014年第3四半期の国内スマートフォン出荷台数でサムスンはシェア4.2%の5位に位置し、国内シェアは下落し続けています。
また、同調査での1位は63.5%のApple、2位に10.7%でSHARP、3位と4位にはSONY(9.1%)、KYOCERA(6.3%)がランクインし、他メーカーに大きく水を開けられている状況です。

20140904-galaxy-note-edge-1

サムスンはこれまで日本市場に力をいれたプロモーションを数々行っており、一時はシェアを17%まで伸ばし、Appleに次ぐ2位を獲得していました。
しかし、昨年日本で先行発売されたGALAXY Note Edgeも一部のギーク層で話題になったものの、同時期に発売されたiPhone 6/6 Plusの人気には太刀打ちできず、販売数は4ヶ月で数万台にとどまっているとの事です。

同誌では「日本市場における消費者は国内製品を好む傾向が強く、(Apple以外の)海外企業が市場を占めるのは難しい」とし、不振の要因の一つと考えれています。
サムスンは2007年に日本のテレビ市場から撤退しており、日本でも販売が予想されているGalaxy S6が今後の展開に大きな影響を及ぼすと見られています。

社屋移転も

270px-Shinagawa_Grand-central-tower
Wikipediaより

また、サムスンの日本拠点であるサムスン日本法人の本社ビルが東京・六本木から飯田橋へ移転する事も報じられており、都内に3つある拠点を1つにする方向で検討しているとの事。
規模縮小は避けられないのかもしれません。

日本で「Galaxy S」が発売された時は、そのスペックの高さや安定性から凄まじい人気を誇り、続く「Galaxy S2」もヒット。ドコモより初のLTE対応スマートフォン「Galaxy S2 LTE」が発売されるなど、日本のスマホ業界を牽引してきたサムスンですが、性能が横並びになった今、どう付加価値を付けていくかが課題になりそうです。

関連情報

Samsung Considers Withdrawing Smartphone Business from Japan|BUSINESS KOREA
2014年第3四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場規模|IDC Japan







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る