Android(>アンドロイド)ニュース

2015/02/17 Android(アンドロイド)ニュース

ソニーからヘッドホン一体型ウォークマンとフィットネス機器が融合した製品「Smart B-Trainer(スマートビートレーナー)」が発表された。3月7日に発売予定だ。また、UQコミュニケーションズは12日、WiMAX 2+の周波数拡張を栃木県真岡市から開始した。これによりWiMAX 2+の通信環境が改善されることに加え、キャリアアグリゲーション導入による下り最大220Mbps対応も進むことになる。



新製品

【ソニー、Smart B-Trainer】

octoba-208_b-1
Smart B-Trainer

ソニーは、ウェアラブル機器「Smart B-Trainer」を3月7日に発売する。推定市場価格は27,000円前後。Smart B-Trainerは一見すると、ヘッドホン一体型のウォークマンだが、音楽を楽しめるだけでなく、フィットネス機器として様々な機能が詰め込まれている。心拍、GPS、気圧など6種類のセンサーを搭載し、ランニング記録を採ることができるようになっているのだ。

移動距離や時間、速度、ペース、歩数などのほか、心拍数、消費カロリー、走行ルートや高度まで測定できる。

octoba-208_b-2
スマートフォン向けアプリにデータを転送して管理できる

さらに、トレーナーによる音声コーチングまで利用できるようになっている。日々ランニングを行っている方や、目的を持って計画的に行いたい方にも便利だ。

通信サービス

【WiMAX 2+の周波数拡張開始】
UQコミュニケーションズは12日、WiMAX 2+の周波数拡張を栃木県真岡市から開始した。WiMAX 2+はこれまで20MHz幅を使ってサービスが提供されてきたが、12日以降、40MHz幅に順次拡張されていく。従来、WiMAXに割いていた30MHz幅のうち20MHzをWiMAX 2+に切り替えることで拡張する

octoba-208_wimax2plus-101220
周波数帯域拡張について

計40MHz幅になるWiMAX 2+だが、このうち20MHz幅と20MHz幅で同時に通信を行うことで速度を改善するキャリアアグリゲーションも導入できる。その結果、「Speed Wi-Fi NEXT W01」では下り最大220Mbpsに対応する。

また、旧モデルでも使える周波数が倍に増えるので純粋に通信環境が改善される。

業界

【京セラ、「TORQUE」を欧州へ投入】
京セラはタフネススマートフォン「TORQUE」シリーズをドイツ、フランス市場に投入する。今春以降に発売になる予定で、機種は「TORQUE KC-S701」だ。

octoba-208_torque
TORQUE

京セラは北米市場でも端末を販売しているが、TORQUEシリーズも例外ではなく、米国、カナダ、コロンビアで販売されている。もちろん、日本でもauから販売されている。そこに欧州も加わる。

TORQUEと言えば、米国国防総省の調達基準であるMIL規格に準拠した試験をクリアした耐久性能を持つことが大きな特徴。さらには、手袋をした状態での操作も可能な点、防水・防塵仕様など、アウトドア、現場などでの利用ができることが魅力だ。

アプリ

【LINE、公開アカウント「LINE@」】
LINEは基本的にはクローズドな関係で行われるコミュニケーション・ツールだが、通常アカウントとは別に、公開アカウント「LINE@」のグローバル提供が開始された。LINE@はTwitterのようにオープンなコミュニケーションズに使えるアカウントで、ユーザーは複数アカウントを所有することもできる。そして、今回、専用アプリ「LINE@」もリリースされた。

LINE@アプリでは、フォロワーへの一括送信や個別トーク、タイムラインへの情報発信などが可能だ。

octoba-208_lineat
LINE@アプリのイメージ

【LINE PLAY、ルームパーティー】
LINEのファミリーアプリである「LINE PLAY」に新しい機能「ルームパーティー」が追加された。LINE PLAYはアバターを使ってコミュニケーションを楽しむアプリだが、新たに登場したルームパーティーでは、自分自身のマイルームに友だちを招待し、リアルタイムチャットを楽しむことができる。

octoba-208_roomparty
ルームパーティーのイメージ

マイルームには最大で9人までを呼ぶことができ、ルーム内での会話はルーム内にいるユーザーだけしか閲覧できないようになっている。

あとがき

スマートフォン向けの各社のランニングアプリにも音声コーチング機能はありますが、ランニング中にスマートフォンを持っていくのは邪魔、と考える方もいると思います。ポケットに入れていても意外と重いですし、落としそうになることもあります。そして、イヤフォンをスマートフォンに繋げて音声コーチングを聞くのも、何だかかさ張りますし、Bluetoothイヤフォンを使うのも、結局はスマホが必要です。その点、Smart B-Trainerは良さそうです。防水なので水泳中にも使えるので、水泳中のウォークマンとして使うのもありですし、値段が高いことを除けばかなりの魅力を感じます。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る