Android(>アンドロイド)ニュース

2015/02/25 Android(アンドロイド)ニュース

20140225_docomo_premium4g_00

NTTドコモは、LTEをさらに高度化した通信方式「LTE-Advanced」を使用し、国内最速となる受信時最大225Mbpsの通信サービス「PREMIUM 4G」を2015年3月27日より提供すると発表しました。



「高度化C-RAN」により安定した高速通信が可能

現在、NTTドコモは「Xi」(LTE)で受信時最大150Mbpsの高速通信が可能ですが、「PREMIUM 4G」では最大225Mbpsまで高速化します。

複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」技術を利用し、高速通信が可能になるだけでなく、一方の周波数帯の電波状況が悪化しても別の周波数帯で通信できるため安定した通信が可能になります。

1.7GHz 最大150Mbps 最大225Mbps
800MHz 最大75Mbps
1.5GHz 最大112.5Mbps 最大225Mbps
2GHz 最大112.5Mbps

具体的には1.7GHzと800MHz、1.5GHzと2GHzを組み合わせることで最大225Mbpsになります。なお、2015年度内に最大300Mbpsまで高速化される予定です。

20140225_docomo_premium4g_01

また、広域エリアをカバーする「マクロセル」内に、特に通信が混雑するエリアに「スモールセル」を追加(アドオン)し、マクロセルとスモールセルの周波数帯をキャリアアグリゲーションにより束ね、大容量化・安定化を実現、高速通信の維持が可能となります。

より多くの人が同時に高速通信できる環境の実現に向け、通信容量の拡大を実現する新技術「高度化C-RAN」の導入により、「キャリアアグリゲーション」「アドオンセル」の特長を活かした安定した高速通信を実現します。

対応機種

20140225_docomo_premium4g_02-2

サービス開始時の対応機種はモバイルWi-Fiルーター2機種(「Wi-Fi STATION HW-02G」、「Wi-Fi STATION L-01G」)が対応します。
2015年度早期にはスマートフォンにも対応し、以降、順次拡大する予定です。

対応エリア

「PREMIUM 4G」は全国22の都道府県からサービスを提供し、2015年度には全国主要都市に拡大する予定です。

具体的な地区名やスポット名はこちらより確認できます。
さらに速く!広く!ネットワーク強化進行中! | エリア | NTTドコモ

キャリアアグリゲーションと言えば、KDDIが2014年夏からau 4G LTEで展開しているほか、ソフトバンクでも一部の端末で実施しています。
また、UQコミュニケーションズはWiMAX 2+において、キャリアアグリゲーションや4×4 MIMO技術により順次最大220Mbpsまで高速化されていきます。モバイル通信がどんどん高速化していきますね。

関連情報

報道発表資料 : 国内最速となる受信時最大225Mbpsの次世代ネットワーク「LTE-Advanced」を提供 | NTTドコモ
PREMIUM 4G(TM) ~LTEは次のステージへ~ | エリア | NTTドコモ







関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る