Android(>アンドロイド)ニュース

2015/03/3 Android(アンドロイド)ニュース

20150303_lenovo_vibe_shot_00

Lenovoは、スペインのバルセロナで開催されているMWC 2015において、1,600万画素カメラを搭載したAndroidスマートフォン「VIBE Shot」を発表しました。



製品の主な特徴

「VIBE Shot」は、1,600万画素CMOSセンサーと6つのモジュールで構成されたレンズを内蔵するAndroidスマートフォンです。光学手ブレ補正や低照度センサー、従来よりも2倍高速な赤外線オートフォーカスなどを搭載。専用のシャッターキーがあるためデジタルカメラのように使用できます。

OSはAndroid 5.0(Lollipop)を採用、LTE通信にも対応します。

このほか、5インチフルHDディスプレイ、Qualcomm SnapDragon 615(オクタコアプロセッサ)、RAM 3GB、ROM 32GBなどのハードウェアを搭載しています。

6月に発売される予定で、価格は349ドル(約42,000円)です。発売される具体的な国や地域については発表されていません。

製品の主な仕様
OS Android 5.0 Lollipop
CPU 64-bit Qualcomm Snapdragon 615
1.7GHz Octa Core
メモリ 3GB
ストレージ 32GB(microSD 128GB)
ディスプレイ 5インチ フルHD(1920×1080ピクセル) IPS
カメラ 背面:13MP 前面:8MP
バッテリー 2,900mAh
大きさ 142.0 X 70.0 X 7.3mm
質量 約145g

デジカメとスマートフォンが融合した製品といえば、最近ではパナソニックの「DMC-CM1」がありますが、1インチのセンサーを搭載するなどかなりハイスペックなため、お値段もそれなり(約12万円)となっています。
スペックに差があるので当然といえば当然ですが、こちらの「VIBE Shot」は日本円で約4万2千円と、CM1よりもお求めやすくなっています。

パナソニック、Android 4.4搭載のSIMフリーデジカメ「DMC-CM1」台数限定発売 | オクトバ

関連情報

MOBILE WORLD CONGRESS 2015 | Lenovo
Lenovo Newsroom | Lenovo Develops Its First Camera Smartphone Crossover Device(英文)







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る