Android(>アンドロイド)ニュース

2015/03/4 Android(アンドロイド)ニュース

Google、Android版の「Chrome」でAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)のサポートを打ち切りへ

GoogleはChromeの公式ブログ「Chromium Blog」にて、Android版Chrome 42以降はAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)をサポートしないと発表しました。
Android 4.0でもChrome 42以降は動作しますが、4.0向けの機能修正などのアップデートは行われなくなるとの事です。



ICSへの対応難しく、打ち切りへ

20150304.ICS

Android版のChromeはAndroid 4.0で初めてリリースされましたが、現在は4.1~(Jelly Bean)、4.4~(KitKat)、5.0~(Lollipop)と、すでに3つの新しいバージョンがリリースされています。
Googleは「古いバージョンに対応するのが難しくなってきた」とし、今回の打ち切り決定しました。また、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)のシェアは昨年で30%減少し、先日発表されたAndroidバージョンのシェアを見てみると、現在5.9%となっています。このシェア率も打ち切りの大きな要因となったとようです。

オクトバにおけるICSのシェア率も5.6%とかなり低いものになっています。実際にICSを使用されている方からすれば歓迎できないものと思いますが、今後Chromeをより良くする為には必要な処置なのではないでしょうか。

関連情報

Freezing Chrome for Ice Cream Sandwich|Chromium Blog







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る