Android(>アンドロイド)ニュース

2015/03/18 Android(アンドロイド)ニュース

20150318-google-0

Googleは3月17日、Google Playに新しいレーティングシステムと審査プロセスを導入すると発表しました。これにより、ユーザーの年齢などによってレーティングされた、適切なアプリのみが表示されるようになります。審査プロセスについては、すでに実施されています。



各地域に応じた新しいレーティングシステム

20150318-google-1

これまでも「全ユーザー対象」から「ユーザー成熟度 – 高」まで4つのレベルでのレーティングはありましたが、新しいレーティングシステムでは各地域におけるレーティングが表示されるようになります。国際年齢レーティング連盟(IARC)に加盟する特定のレーティング機関によってカバーされていない地域では、IARC の汎用のレーティングが割り当てられます。

これに伴い、Google Playでアプリを公開しているデベロッパーに対して、デベロッパーコンソールにてレーティングに関するアンケートに答えるように求めています。

20150318-google-2

新しいレーティングシステムによる表示は今後数週間で始まるとしており、日本語のページでは「5月以降」と表記されています。

専門チームによる新しい審査システム

また数カ月前より、Google Playでアプリが公開される前に行われる審査を始めたとも発表しています。この新しい審査システムはポリシーに違反しているアプリを早期に特定する専門的なチーム、つまり人力で行われています。

審査と言っても、それは数日や数週間かかるものではなく数時間で終わります。これまでも開発者がアップロード作業をしてからPlayストア上に公開されるまでに数時間の差があったので、時間的にはこれまでとほぼ変わらないとのことです。
iOSのアプリの場合は審査に数日からそれ以上かかることもあると聞きますので、これが数時間で終わるのなら開発者としてもありがたいですね。

Playストア上にはまだまだ危険なアプリも潜んでいると思われます。今後公開されるアプリがこの新しいシステムで適切に審査され、レーティングも機能し、ユーザーが安心して利用できるようになるといいですね。

関連情報

アプリとゲームのコンテンツ レーティング – Android デベロッパー ヘルプ
Google Play におけるより良いユーザー体験のために – Google Developer Japan Blog
Creating Better User Experiences on Google Play | Android Developers Blog







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る