Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2015/04/21 Android(アンドロイド)ニュース

Androidの公式ブログにおいて、Android Wearの次期アップデートの内容が公開されました。Wi-Fiのサポートや、盤面に手書き認識で絵文字を書いて返信できるようになるなど、大きな機能追加となりそうです。



アプリ起動状態で常時スクリーンオン

20150421-wear-1

これまでは何も操作しないでいると画面が消灯するか、省電力モードでの時計画面になっていました。今回のアップデート適用後は、アプリ起動時に放置していると、アプリ画面のまま常時スクリーンオンできるようになります。時計と同じように、色の数が限られた省電力モードで表示されることになります。

Wi-Fiサポート

OSとしてWi-Fiがサポートされます。これでWi-Fiが繋がるところであれば、ペアリングされたスマホ端末を通さずに通信することができます。(もちろん、機器としてWi-Fi機能が搭載されている必要があります。)

より早く、簡単な操作

20150421-wear-2

Android Wearは、基本的には装着している手と逆の手で画面をフリックなどで操作します。これでは両手がふさがっている時に操作できませんでした。今後は手首を振ることでスクロールすることができます。

また、これまではアプリにアクセスするのに多くのスクロールが必要でしたが、今後は画面をタップしてすぐにアプリ画面へアクセスできるようになります。画像から見るに、画面タップでアプリドロワー、フリックした次の画面でコンタクト、その次にこれまでのメニューとなるようです。

手書き認識で絵文字を送信可能に

20150421-wear-3

これまでは、Android Wearからメッセージの返信などでテキスト入力する際は音声入力が主でした。今後は、手描きで絵を描き、それを絵文字に変換して送信できるようになります。「了解」などの簡単な返信ならこれで十分ですね。

今後数週間ですべてのAndroid Wear端末に適用

これらのアップデートは、現在発売されているすべてのAndroid Wear端末に、今後数週間で配信されます。また、それは「LG Watch Urbane」から始まるとしています。LG Watch Urbaneはまだ発売されていませんが、近日に発売されるということでしょう。

関連情報

Official Android Blog: Android Wear: wear what you want, get what you need
LG、円形ディスプレイを採用したスマートウォッチ「LG G Watch Urbane」を発表! | オクトバ







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る