Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20150430-build-0

Microsoftの開発者向けのイベント「Build 2015」が29日よりサンフランシスコにて始まりました。基調講演では今回もWindows 10に関する情報などが発表されました。



様々なデバイスで動くユニバーサルアプリ

20150430-build-1

ユニバーサルアプリは、同じバイナリで様々なデバイス上で動作することができます。デスクトップからノートパソコン、Windows PhoneにXBOXまで。画面サイズなどは問いません。

20150430-build-2

デスクトップ上でもウィンドウを縮めたりすることができ、

20150430-build-3

ウィンドウサイズの変化で表示内容も変わってきます。
レスポンシブデザインのウェブページのようですね。

AndroidアプリをWindows Storeへ!?

20150430-build-4

Windows Storeで公開するアプリの開発手段として、4つの方法が紹介されました。その中の1つとしてAndroidアプリがあります。まったくそのままではありませんが、それほど大きな変更を加えないでもWindows 10のユニバーサルアプリとして移植できます。

20150430-build-5

実際に、Androidアプリ『Choice Hotels』をWindows Phone上で動作させるデモが行われました。

4つの方法の中にはiOS用のアプリも僅かなコード変更で動作させることができるというものもありました。Kingの『キャンディークラッシュ』をWindows 10上で動かすデモも行われています。

Build 2015では、この他にも「WindowsだけでなくMac OSやLinuxでも動作するVisual Studio Code」「これまでSpartanと呼ばれてきた新ブラウザの正式名称がMicrosoft Edgeに決定」「Windows PhoneをHDMIでディスプレイに繋いでBluettoohキーボードとマウスを接続すると普通のPCのように扱える」など、様々な発表が行われています。
それぞれの詳しい映像などはマイクロソフトのページに公開されていますので、興味のある方はそちらもどうぞ。

関連情報

Microsoft Build Developer Conference | April 29 – May 1, 2015
Day One Keynote Presentation | Build 2015 | Channel 9







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る